mariaKliegel

昨日のドイツのチェロオケの投稿者の名前。

「mariaKliegel」

って書いてありますが
この名前本名だとすると
NAXOS専属のプロの女流チェリスト(ドイツ人)のMaria Kliegelですね。

写真とプロフィールはこちらです。
ブラームスのチェロソナタ、ドボルザーク、エルガーの
チェロ協奏曲、それにヴォカリースを持っていますがなかなかの演奏をします。

昨日の映像の1:07と
1:43~1:47で指揮者の右側に映っている
白いドレスの女性がNAXOSのKliegel の写真に容姿がそっくり
だと思うのですが、如何でしょうか?

投稿するときに、一般的にはHNを使いますが
プロチェリストなら、みんなが顔を知っていますから本名をそのまま
使用するってことは充分可能性があります。

1stチェロ3プルト裏の男性チェリスト。
パールマンがチェロ弾いているのかと思いました(笑)。
とても気持ちよさそうに弾いていますね。


/////////////////////////////////////////

今、見たら、9時間前に

鳥の歌
がアップされていました。


ということは
このコンサートで演奏された曲がこれからも
随時アップされるかもしれません。
演奏がうまいだけに、どんな演目がアップされるか
楽しみです。



////////////////////////////////////////////////

ninja さま、情報ありがとうございます。

エッセン・フィルのHPにいったら

チェロ・オケの参加募集の案内掲載されていました。
やはり Maria Kliegel 本人(あるいは彼女の秘書さん?)が
一連のビデオを投稿されたのですね。

ドイツ語やはり自分もよく理解できません。

タイトルは「エッセンから世界に挨拶する」でいいのかな?

ドイツ語に堪能なかた、是非サポートお願いします。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-08-07 10:43 | チェロ | Comments(5)  

Commented by ninja at 2007-08-07 13:34 x
ほんとだ!マリー・クリーゲルだ。あんまり投稿者の名前って気にしてなかった。それにエッセンフィルとも書いてある。
で、調べてみましたの。
エッセンフィルのサイトで5月21日にマリークリーゲルを迎えてこのコンサートありましたよ!
この世界の歌メドレーはほんとに最後の方で演奏されたもので、
メインはバッハや、ヘンデルや、ワーグナーが演奏されたみたいです。

マリーさんの、一枚だけ(たぶんね)ディスク持ってます。ウェルナー・トーマス・ミフネさんとの二重奏曲のです。
このコンサートにもミフネさん、出ているのじゃないかしら?さがしてみます。
Commented by ninja at 2007-08-07 14:00 x
まちがいました。5月13日でした。
11時からコンサートで15時からクリーゲルさん他6名のチェリストが名をつらねて何かやっています。ミフネさんの名前もあるけれど編曲でかも。マスタークラスなのかコンサートなのかはわからず。
ドイツ語わかりませ~ん。
Commented by hideonoshogai at 2007-08-07 14:40
ninjaさま、調べていただいてありがとうございます。やはりMaria Kliegel 本人ですね。バッハ、ヘンデル、ワーグナーがメインとするとこれから随時画像がアップされますね。Kliegel のソロがまだ出ていないので、これから出るかも知れません。
Commented by ぱぶりーと at 2007-08-08 13:12 x
マリアクリーゲルさんとは二年前の1000チェロでおあいしました ナクソスのレーベルで彼女のコダーイの演奏を聞いて オケ弾きでないチェロの演奏を模索しはじめた私にとって とっても大切な存在です


千チェロでも彼女はエルガーのコンチェルトを弾かれましたよ

現代曲を雄々しく弾いたゲリンガスにたいし 彼女はワルプルギスの魔女のように魅力的でコケットリーでしたよ
Commented by hideonoshogai at 2007-08-08 17:36
クリーゲルさん、神戸の1000チェロに参加されていたんですか。
まだ、ライブでの演奏を聴いたことがありません。今日、久しぶりに彼女のエルガーの録音を聞きましたが、とても力強いたっぷりした演奏でした。きっとコダーイもうまいでしょうね。今度NAXOSの無料視聴で聴いてみます。

<< CD届く 154人のチェロ・アンサンブル >>