バッハのコラール

GW前に注文していたバッハのコラールの譜面が昨日、届きました。
d0010720_0351368.jpg


4つのトロンボーンのためにアレンジされた12のコラールなのですが、
勿論、チェロでも演奏可能です。

譜面を眺めていると、コラールなので
どのパートもそれほど難しい技巧的なところはなく
四分音符や2分音符で歌う箇所がほとんどです。

こういう基本的な曲で4名が呼吸をあわせ、
ボーイングをあわせ、
音程をあわせるという基本作業を何度も繰り返し練習した上で、
音楽的な面を作り上げて行く。そんな練習にもってこいの曲だ、と思いました。

10番目の曲は
JESU ,MEINE FREUDE(Jesus, My Joy) from cantata No.81 です。

たった13小節ではじめの6小節を繰り返し後半の7小節は繰り返しなしです。

ここで演奏をきけます。最初から1分40秒ぐらいまで。

でも、このコラール合わせるには、チェロ弾きが最低でも4人いないとだめだなぁ。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-05-09 00:39 | チェロ | Comments(4)  

Commented by mototyo at 2007-05-09 23:33 x
かなり、うまい。(そして美人!)
この曲はやさしいようでいて、実はむずかしいと思います。
くりかえしが多いと、曲づくりをしないと聴いてるほうはあくびが出ちゃかも。
それだけに、アンサンブルとしてはやりがいがあるかもしれませんね。
Commented by hideonoshogai at 2007-05-10 00:20
ビブラートのかけかたをみても、みなさん5,6年以上はチェロ弾いているように見えますね。音大生か大学オケのメンバーでしょうか。1st cello のCindi さんが、一番ボーイングが綺麗。弓の持ち方も、とても良いですね。mototyoさんご指摘のように改めてみると4人とも美人チェリスト!!でも誰が一番美人かに関してはノーコメント(笑)
こういう曲はアンサンブルの良い練習になりますよ。
Commented by チェリ at 2007-05-10 00:52 x
ステキな音源見つけましたね。教会で弾いているようですね。
カルテットは一人ひとりの音がはっき聞き取れて、それだけアラが見えて厳しいですね。特に第一チェロ。
でもいいな~、そのうち弾きたいです。
さて、私、しばらくの間、コメント書きを休止いたします。(宣言する必要もないけれどね)
日曜までですけど。。。バッハがんばってきます。
やっと、プログラムできた~!ミントグリーンの紙にオリーヴ色の文字です。hideoさんのチェロケースみたい。
Commented by hideonoshogai at 2007-05-10 01:05
チェリさん、発表会がんばってくださいね。クーラントこれだけ練習したんですからうまく行きますよう。発表会終って、落ち着かれたら、またコメント待ってま~す。

<< 44回目レッスン エフゲーニ・スヴェトラーノフの... >>