北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

弓購入決定

一昨年の12月に自分のチェロを購入した
お店でたまたまV Fetique のスタンプのチェロ弓を
試奏したのですが、今思えばそれがいけなかった。

自分の今の弓よりも明らかに良い音がするんです。
音量もあって、音の通りも良くて。
でも価格が130万もするんですよ。

そんな弓買える訳がないし
買ったとしても弾きこなせるわけないから
ずっと指をくわえておりました。

ところが、試奏に行った1ヶ月後に
お店のHPをみたら「販売済み」。
が〜ん、ショック。
あの弓売れちゃったんだ。

そうなんです。
すんごく良い弓だったんで、すぐ売れちゃったんです。
でも130万のチェロ弓ポーンと買っちゃう人いるんですね。
すごい。

自分の弓よりも良い音がする弓の存在を知ってしまうと
どうしても、他にも,もっと良い弓があるんじゃないか
という気になってきて

それ以来、今の弓よりも良い音がする2本目の弓が欲しくなり
あちこち弓をもとめて試奏の旅が続きました(←ちょっとオーバー)。

昨年の12月にも「これいいかも」っていうパリのRaffin工房の弓に出会ったのですが
それも価格が94万5千円。
確かにいいけどでもちょっと予算オーバーだよなということで
やめました。

2月17日のブログにも↓を書きましたが

「2本目の弓になるので
①今の弓と同等の弾きごこちで、音も同じで
  価格がもっと安いスペア弓を探す。
② 値段は多少高くても、今の弓よりも
  明らかに音量、弾き心地で優れている新しいメイン弓を探す。

①は現実的なのですが、あんまり夢がないのですね。
で、①の弓を買っても将来的にはきっと、もっと良い弓が欲しい
ということになるんじゃないか。
そんな気がします。

だったら、やはり多少お高くても
②の方針で探すほうがよいのかな
っていう気持ちが強くなってきました。」


やはり今の弓よりも高い価格ではないとダメなのかと
もう諦めかけていたのですが
先週の初めにG弦楽器からメールがありました。

「先日お探しになっていらっしゃったチェロ弓で一本、
良いものが入荷しましたので、ご連絡いたします。

ベルギーのBernard(ベルナルド)という弓で税込○○万円でお出しできます。
弓を買い付けに先週までヨーロッパへ行っていた業者が
持ってきた10本の弓の中から、社長が一番良いと選定した1本です。
○○さんのご予算より安価ですが、高いギヨームの弓より
ずっと良かったそうです。
一度お試しになっていただきたいと思います。」

恵比寿のG弦楽器さんの社長さんは、もとプロオケの首席奏者で
いつもチェロ弓の毛替えをそこでお願いしています。

1月に毛替えに行った時に、弓を探していることを伝え、
「もし何か良いチェロ弓があったら連絡してください。」
とお願いしていたことをすっかり忘れていました。

その社長さんが、ギヨームよりも良いというのですから
これは相当期待できます。

さっそく先週の土曜日にG弦楽器に試奏に行きました。

弓とご対面したら弓のニスがなんと今のチェロのルイーズと
そっくりなのです。

でヘッドがすごく細くてシャープな造りで
弾き始める前から「これ、いいんじゃない!!」と、すごく期待してしまいました。

で、弾いてみたら、
「えっ何でこんなに楽にはっきり音がでるの、
しかもこんなにたっぷりした音で」

今の弓と弾き比べても明らかに今持っている弓の方が
音が劣るのです。

思い切って社長さんにお願いしてみました。

「すみませんが、この2本を弾き比べていただけますか?」
「2本の違いを客観的に聞き比べてみたいのです」

とお伺いしたら

「あっ、良いですよ」

と社長さんまずは今の自分の弓で弾いてくださいました。
意外にソフトなおとなしい音でした。

で次に今回購入予定のベルナルドさんを弾かれたら

「えっなんでこんなに音がはっきりしかも音量があってたっぷりして」

もう2本の弓の差は歴然でした。
1週間おかりして今週土曜に最終的に購入するかどうか
返事をすることになっていますが
もう心は決まっています。

というわけでいままで考えもしなかった選択枝③があったのですね。

「③今の弓よりも安い価格で今の弓よりも優れた音がする弓を探す」

これは、もう買うっきゃないでしょう。

社長さんが言ってました。
「ギヨームって職人はもともとベルナルドの工房で働いて独立した
人ですごく人気が出た人なんですね」

そうかギヨームはベルナルドの工房の出だったんだ。
知らなかった。


補足:(2009・9・11)
スタンプは 「J.P. Bernard 」です。



追記(2012・4・10)
2011年9月にアルコス弓を購入しました。
その時の記事はこちらで。

■  [PR]

by hideonoshogai | 2007-03-19 18:06 | チェロ | Comments(4) 

Commented by いさお at 2011-10-16 13:53 x
はじめまして、弓で検索してたどり着きました。
ベルナールの弓素晴らしいですよね。私は選ぶのに、150万や105万、その他60万クラスの中古弓まで色々比べましたが、ベルナールに勝るのは105万の弓とギョームしかありませんでした。コスパを考えたら最高だし、予算もちょうどそこまでだったので、迷わず決定しました。レッスンの先生にも、楽器との相性が素晴らしいとおほめいただきました。また、安い弓で弾いてるより、ボウイングが上手くなった気がします。ベルナールさまさまです。
Commented by hideonoshogai at 2011-10-17 12:54
いさおさん、ようこそ!コメントどうもありがとうございます。私もBernard は一目ぼれですぐに購入を決めました。
といっても衝動買いではなく、それまでいろいろな弓を試奏していたので、Bernard のよさが判ったからでなのですが。
ただ、Bernard はメインボウに比べてちょっと重たいので、2年前に右の五十肩が治ってからは
少し重い感じがして、ここんとこはあまり弾いていません。実は先月ブラジルの弓を購入したのですが
最近はこれとメインボウを交互に使っています。
ほとんどチェロのことばかり書いていますので、また、いつでも遊びにきてください。
Commented by いさお at 2011-11-15 19:21 x
度々すいません。ブラジルの弓というのはアルコスでしょうか?先日アルコスの金黒檀を試しましたが、こちらも素晴らしい弓だと思いました。
Commented by hideonoshogai at 2011-11-15 23:17
いさおさん、こんばんは。はい、ブラジルの弓はアルコスの金黒檀です。メイン弓もベルナールも銀黒檀ですから弓のグレードとしてはアルコスが一番いいことになりますが、値段は一番安かったです。でもギヨームの金黒檀と同レベルかそれ以上と感じました。

<< 誕生日 1ヶ月 >>