1ヶ月

このブログを立ち上げたのが
2月17日でしたから、
初書き込みからちょうど1ヶ月が過ぎました。

いったいどんなことを書いたらよいのか
最初は暗中模索でしたが、自分みたいな「チェロばか」には
やはりチェロのことしか書けなくて

今まで書いたことを
さっと読みかえしてみても、ほんとにチョロのことばかりですね。

昨日、実はすごいことがありました。
なんと、ついにですね
新しいチェロ弓にめぐりあい
チェロ同様にまた一目惚れし
今その弓を購入しようと思っています。

そのことはまた明日以降に詳しく書きますね。

今日は古川展生さんのドボコンを聞いてきました。
ドボコンのライブを聞くのは本当にひさしぶり。
古川さんのソロかっこよかったです。
でもドボコンはやはり難しいのですね。

何箇所かミスがあったけど
そんなことは全体の演奏の流れの中では問題になりません。

こんど4月20日に東京文化会館で
古川さんはラフソナとベト3とグランタンゴを演奏されるようです。
かなり魅力的はプログラムです。

ところで古川さんはリスト音楽院で
オンツァイ・チャバ教授にチェロを師事していた,
とプロフィールに記載されていました。

チャバ教授は日本ではほとんど無名ですが(←私が知らないだけかも)
確か毎年日本で演奏活動をされているはずです。

岐阜で開催されている音楽祭(名前忘れました)に毎年出演されていて
昨年も演奏されています。

いつも思いますが
弟子をそだてた師匠の演奏会には
あまり人が集まらなくて弟子のほうが売れっ子になって
しまうというのはちょっとおかしな現象かな
と思います。

具体的に名前を挙げるのは良くないかもしれませんが
例えば
超静さんはベルリンフィルの首席のゲオルグ・ファウストさんや
ゲリンガスに師事しているけど
ゲリンガスのコンサートよりも超静さんのほうが
日本ではチケットが良く売れますものね。


明日、明後日とまた仕事たくさんして
また水曜はチェロづけの一日になりそう。
今から楽しみです。

新しい弓もきたので今日も2時間ほど弾きこんでいました。
今までの弓よりも音量があり音が通り、発音も良いです。

いままで1年間、2本目の弓を探しつづけてあちこちで
たくさんの弓を試奏してきましたが
衝動買いせず慌てずに待っていた
甲斐がありました。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-03-18 23:20 | チェロ | Comments(10)  

Commented by mototyo at 2007-03-19 00:39 x
hideo兄さま、こんばんわ。
開設一ヶ月おめでとうございます。
いつも、道をはずすコメントでスミマセン。
hideo兄さまとちがって、40台おわりにはじめて弦楽器にさわったしだいのわたくしゆえ、知識も腕もはるかに及びませんが、遊んでくださいね。
週末の夜は、怒涛の一週間にそなえて、早寝をするはずが、NHKで、三人のテノールをやっていて、つい・・・・。
楽しいコンサートで、最後になんとサバティーニがタクト振って、ルイゾッティが歌ったの。いい声していた。
音楽ってほんと、ス・キ!!
Commented by マリコ at 2007-03-19 14:59 x
hideoさん、ブログ開設1ヶ月おめでとうございます。
「思い付くままに」・・・素敵なブログ6ですね。
実はわたしも今月ブログを開設してみました。
楽しみながら続けていきましょう。
チャバ先生は人格もさることながら素晴らしい音楽をもっておみえです。
息子さんもチェリストでお役で活躍されています。
毎年来日のたびに聴いています。
今年も楽しみです。
また遊びにきますね。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-19 16:09
mototyoさん、いつもコメントありがとうございます。昨夜のテノール三人衆はそそられたのですが今朝5時半おきだったのでブログ更新してすぐに寝ちゃいました。自分も18でチェロ弾きはじめとは言え、ブランクがあまりにも長かったので、1000時間までの道のりはまだまだ長いです。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-19 16:16
マリコさん、遊びに来てくれてありがとうございます。チャバ先生のことを書いていて、「ああそうだ、マリコさん、いつもチャバ教授の伴奏されていたっけ」って思い出したんですよ。今年はいつ頃チャバ教授来日される予定ですか?息子さんもチェリストとは知らなかったです。名古屋までチェロもって行って一度レッスンしてもらいたいです(←冗談です)。これからも、ときどき遊びに来て下さいね。
Commented by celloneko at 2007-03-20 10:21 x
はじめまして。cello-rinさんのサイト経由で
少し前から時々おじゃましております。
ブログ開設1ヶ月&素敵な弓との出会い、おめでとうございます。
私も今、楽器の購入を検討中なので、いろいろな方のお話を
参考にさせていただいております・・・
結婚と同じくらい慎重に選ばなくては。と

18日のドヴォコン、私も聴きに行きました!

Commented by hideonoshogai at 2007-03-20 22:10
cellonekoさん、こんばんは。書き込みありがとうございます。さっきcellonekoさんのブログ覗いてきました。楽器欲しいですよね。早く良い楽器で弾いたほうが上達が早いです。それに楽器を弾きたいというモチベーションが全然違ってくるのと、力まずに良い音がでるので楽器を弾くのが苦にならなくなります。肩こりも減ります。ほんとに伴侶選びと一緒ですね。
じっくり探されたら良いと思います。必ずどこかにcellonekoさんを待っているチェロがいるはずです。
古川さんのドボコン聞かれたのですか?NBホールということは、意外にご近所だったりして。
これからも宜しくお願いします。
Commented by celloneko at 2007-03-21 21:39 x
そうですよね。いい弓やいい楽器って弾くのがラクなんですよね。
連続スタッカートとかもポンポンポンといくし、ハイポジの音も
くろうせずきれいに響くし・・・・
悲しいことに、予算以内で探すとそういう楽器は無理なんですが
限られた範囲の中で一生懸命探そうと思います。

NBホール、徒歩ではいけないけれど近くのホールという感じです。
子どもたちの部活ではよく使っています。

スレが違いますがお誕生日おめでとうございます♪

Commented by hideonoshogai at 2007-03-21 22:57
cellonekoさん、お祝いメッセージありがとうございます。楽器を選ぶ際に、中古のチェロという選択肢もあると思います。中古の方が新作よりも弾きこまれていて音が出しやすいというメリットがあります。自分の場合にもドイツのkirschnek という工房製のチェロを今から30年前に60万で購入しましたが、ルイーズを購入するときに下取り見積もっていただいたら20万ぐらいだろうということでした。たまたま職場でサイレントを弾いていてACチェロを探していた同僚が20万で買ってくれました。
この前、船橋の I 弦楽器工房でKirschnekのヴァイオリンの新作をみたら58万でした。チェロだともっと高いかも知れません。今回、弓の件で思ったのですが、楽器や弓は不動産と似ているところがあって、本当にお買い得なものは、HPや広告など表には決して出てきません。なぜなら、客が希望するお買い得楽器や弓は、まず、そういうものを探していて、あらかじめ購入依頼をされているお客のところへまず情報がいき、そこで即売れてしまうからです。
次へ続きます。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-21 22:59
cellonekoさんへ、続きです。

ですので
cellonekoさんも、希望されるチェロの条件、価格などを信頼できる楽器屋に頼んでおいて、そんな楽器が出るのを辛抱づよく待つ、というのもひとつの方法と思います。あと弦をおさえるのが辛いのは、もしかしたら、駒が高すぎるのかも知れません。調整はしてもらったことはありますか?あと弦の種類によっても押さえやすい弦があるのでいろいろ試してみると良いと思います。自分はDG線に関しては一番価格が安いPrim を使っています。理由はウルフ音が一番でにくいのと、弦が柔らかく押さえやすいからです。
ところでcellonekoさんのところのチワワの「チェロ」はほんとうにつぶらな瞳で可愛いですね。
Commented by celloneko at 2007-03-22 15:57 x
大変参考になりました。どうもありがとうございます。
>あらかじめ購入依頼をされているお客のところへまず情報がいき
なるほど、考えてみたらそうですね。情報をもらえるくらいまで
こちらも熱心に探さないとですね。
一生モノの買い物ですから、慎重に我慢強く選ばなくては。

I楽器は10数年毛替えに通っていますが
楽器をみせてもらったことはないんです・・・・
入るだけで緊張しちゃって。

調整は入手したときと駒を替えたときと、
魂柱が倒れたときに簡単にしてもらったくらいです。
指板と弦の高さを合わせると、駒が高めになるらしく
押さえるときに遠いような気がします。

>30年前に60万で
前の楽器も素晴らしいものだったのですね。
そのころのピアノなら3台分くらい・・・・


>チワワの「チェロ」はほんとうにつぶらな瞳で可愛いですね。
ありがとうございまーす。犬なりにあれこれを考えているのが
おもしろいです。

<< 弓購入決定 マーラー5番 >>