昨夜、もう遅いから寝ようかなと思っていたら

息子が「ねぇ~、親父、なんか凄い映像があるよ!!」

自分「何?今度は誰の?」

息子「これだよこれ」
  「ヴァイオリンがパールマン、ビオラがズーカーマン、
   コンバスがズビン・メータ、ピアノがバレンボイム
   チェロがデュプレ、こんな凄いメンバーってないんじゃない!」

自分「え?!!、こんなのあったの、そうだよ、このチェロ、デュプレだよ」
  「しかも、カラーだ!!カラーってことは引退する直前の画像かな」

息子「えっ、引退って?」

自分「デュプレは多発性硬化症って神経が侵される病気になって
   チェロが弾けなくなったんだよ。で、このチェロは今
   ヨーヨーマが弾いている。ダヴィドフっていうストラドだよ」

息子「へえ~、そうだったんだ。」

という訳で息子に貴重な「鱒」の
画像を教えてもらいました。

昨年の8月にアップされていたんですね。
まったく知りませんでした。

しかし、みな楽しそうに弾いていますね。
デュプレやっぱり上手いな。

「鱒4楽章」の映像はこちらです。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-03-13 19:53 | チェロ | Comments(2)  

Commented by チェリ at 2007-03-14 00:59 x
素晴らしい映像ですね。バレンボイムもデユプレもかなり若いみたい。コメント見ると1969年の映像って。
ソリストたちが集まって演奏する室内楽って、すごく楽しいですね。グループのものは揃っていて綺麗だけれど、またこういうメンバーのは別の味わい。また聴いて見ようっと。ご紹介ありがとうございました。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-14 07:20
1969年の映像でしたか。コンバス主題のところで、パールマンも
ノリノリですね。デュプレのエルガーは何度も見ていましたが、これはまったく知りませんでした。いまデュプレのドボコンの解説見ていたら、デュプレは1987年10月19日に亡くなっているから今年でちょうど没後20年なのですね。

<< マーラー5番 次回レッスン日決定 >>