ため息

エルガーのチェロコンチェルトは
チェロ弾きならば、
いつかは一度はチャレンジしたい(←いったいいつだろう?)
名曲。

エルガーには、他にも素晴らしい作品がたくさんある。
なかでもお気にいりの一曲は

「sospiri」

和訳すると「ため息」。

うっとりするような、
けだるいような、

そして気持ちの高ぶりを
すぐにぐっと抑えるような
物悲しい旋律。

ここで
d0010720_18321490.jpg
ジェフリーテイト盤の「sospiri」の
さわりを、ほんのすこしだけ視聴できます。
↑行って視聴10をクリックです。

アップした楽譜の下段の旋律が聞けます。



5分ぐらいのオケの曲ですが

なんとこれを
あのチェロの大先生、

そう、クレンゲル先生が
「チェロとピアノのために」編曲しています。

今日アップしたのがその楽譜。
エルガーの下に小さくKlengel という文字がみえるでしょうか?

これはたまたま楽譜を見つけていつか弾きたいと
ひそかに思っていますが
曲の中ほどで音程がすごく難しい。

音が一オクターブとぶ。
それがずっと続くので
音を正しくとれません。


でもいつかチャレンジしたい一曲です。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-03-05 18:34 | チェロ | Comments(27)  

Commented by チェリ at 2007-03-06 00:15 x
今夜はこちら静かですね。エルガー聴いて見ました。綺麗な曲ですが、ほんとにさわりだけ。。。もっと聴いてみたいですね。
それにしてもエルガーのコンチェルトを弾きたいなんて、私など考えもつきません。やはりオケをやっていらし方は違いますね。
私は愛の挨拶が綺麗な音程で弾けたら幸せ。
あと弾けそうなのは。。。威風堂々かしら。これは合奏がいいのかな~。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-06 00:24
かなり前にエルガーに、はまった時があって、いろいろ聞いて、このsospiri聞いて驚いてしまったんです。原曲は弦楽とハープとオルガン。でもライブでは聴いたことがないです。一番のお薦めはEMIの輸入版でバルビローリがエルガーの2番の交響曲を出していますが、そのCDのsospiriが一番いいですね。エルガーのコンチェルトは、弾いてみたいといっても一楽章だけですよ。2楽章は絶対に無理です。
Commented by チェリ at 2007-03-06 23:53 x
こんばんは~。
特に用事も話題もないのですが、このところ毎晩おじゃましてたら気になって来て見ました。今夜はお留守のようね。
今ちょろさんちに行ったら、mototさんとニアミスだった。
仕事が忙しくてすごく疲れているのに夜更かし癖がついていて、早寝も出きない困ったチェリです。でも今日はまったく音楽聴いていない。あんまり疲れていると静かな方が心が休まる時もあります。おやすみなさい。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-07 12:36
BGMなしの静かな夜もたまには良いものですね。
「静寂」って音楽聴くときにも、とても大事な要素ですね。それを知ったのはラハティ交響楽団のシベリウス交響曲全曲演奏会でした。pppがすごく繊細できれいで音が聞こえるか聞こえないかぎりぎりのところまで音量をおとす。そしてすべて楽器が演奏をせずにしばらく「静寂」の一瞬。
しばらくしてまた音楽が開始されると、その静寂がものすごく音楽の中で生きてくるんですね。なので「静寂」も音楽の一部なのだな、と思いました。ところで、ブルネロのCDを一枚ももっていないのですが、これ一番お奨め!!ってありますか?「う~~んあれもすてきこれも素敵」、だと思うんですが、2,3枚ピックアップしていただいてもよろしいですよ。
Commented by チェリ at 2007-03-07 12:49 x
hideoさま、誰も来てないと思って、いま、仕事の前に来てみたら、また携帯から?便利ですね。
ほんとに昨夜は静寂がbgmでした。
Brunelloのお勧めディスクですって?Yes,sir,yes,sir!
お任せくださいませ~。
でも、チョッと待って、今夜ゆっくり、選んでまた。motot-chanとも相談の上。
では、仕事に行ってまいります。今夜の音楽はもちろんブルネロ。
Commented by グランパ at 2007-03-07 17:15 x
hideo兄、
春に小学生に入学する孫がバイオリン4年目ですが、先生から可也期待されて居るそうなんです。この腕白とそのママとでハイドンのトリオに挑戦しようかなと企んでいますがおやりになったことありませんか?ならこれが易しくて良いよなんてお奨めがあれば・・・それとも未だ無理ですかね?あぁ、そうだ!今から私のレッスンに出かけます。師匠に伺って来ます。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-07 18:16
GPさま、ハイドンのピアノトリオは演奏したことがないです。お孫さんバイオリン弾かれるんですか。これからが楽しみですね。家族でアンサンブルできるのは羨ましいです。今夜は「初恋」ですね。7小節OKでて、先へすすめるといいですね。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-07 18:18
チェリさま、ALONE ってアルバムはどうですか?
あっ、あと先ほども今もそうですが、これはパソコンからうっています。
携帯からはコメントはできないようになっています。
Commented by グランパ at 2007-03-07 20:03 x
hideo兄、
今レッスンから帰って来ました。初恋中々良いよってお世辞が。ただし、リズムをしっかりとやりなさいとも。運指はあれで良かったです。でも、どうして自主トレではもっと巧く弾けるのに師匠の前では駄目なんでしょうかねぇ、皆んな同じなのかな。はぁ疲れました、これから晩酌・夕飯です。
Commented by mototyo at 2007-03-07 21:27 x
グランパさま、お疲れ様。
うまく弾こうとするから、弾けなくなるの。いっしょです。
おかずの中身を見るときに、老眼鏡かけるの、いやがられませんかぁ?
hideoさま。
ブルネロのCDねぇ。 CDなんか聴かないで、生よ、生。
ね!チェリさん!
わたしがブルネロを好きになりだした頃は、CDがほとんど無くて、アゴラで出した、今度のコンビ、ルケシーニとのベートーベンのソナタをやっと取り寄せた。
それに比べたら、このごろは乱発ぎみじゃない?チェリさん。
今あるのは、
 ベートーベンのソナタ   ルケシーニと。
 ブラームスチェロソナタ  同じくルケシーニと。
 ALONE
 SOLO CELLO AND..
 ITARIA   オーケストラ・ダルキ・イタリアーナとソッリマと。
きっと、hideoさまは、ALONEがお好きだと思う。
最後の、ダルキ・イタリアーナはブルネロのオケなんだけど、聴きにいったことがあるけど、すばらしいの、生き生きして。
 長くなりましたけど、ブルネロは私たちよりちょっと若いけど、聴けるときに行っといたほうがいいと思うの。ね、チェリさん!
 
Commented by チェリ at 2007-03-07 21:46 x
はい、mototさんのおっしゃるとおりです。でも1~2枚くらい持ってくださってもいいのでは?
やはり、おすすめは先日出た二枚以外では<Alone>です。これ、きっぱりおすすめ!
で、もう一枚と言われれば先日の来日記念の二枚のうちのやはりルクーのソナタと、シューベルトのアルペジオーネのソナタが入った一枚かしら?そうすれば、無伴奏もの一枚、ソナタ一枚という事でブルネロの音が楽しめるのではと思います。
もし三枚目とするばダルキイタリアーナと弾き振りしてるハイドンのコンチェルトが入った<Cllassic>というcd.
Burenelloが手塩にかけたダルキとの息がぴったり合った、明るいハイドンです。でも歌うところが胸がキューンとなる。
本当は92~3年に出したはずのバッハが私はすごくほしいのだけれど廃盤で手に入りません。
今数えてみたらソロ、室内楽、オケを混ぜると10枚持っていました。アゴラレーベルにはブルネロらしいcdが何枚かあったのだけれど今は手に入りません。
まとめるとおすすめは、Alone,ルクー、ダルキの弾き振りといったところです。
Commented by 生よ、生! at 2007-03-07 22:27 x
mototyo姉が仰るとおり。
生が一番なのは高校時代からそう思ってはいましたが、オーディオ三昧を経てチェロに辿り着いてやっと気がつきました。ブルネロってひと知らなかったですがつい最近の朝*新聞に好評を見つけ、お姉さまに読んだ?ってお声を掛けようかと・・・はいはい、生が一番ですよね!だって、ローカルオケの演奏を聴いたらもうLP回す気にならないです。ちと話がクラシック過ぎたかな?まぁお許しを。
Commented by mototyo姉 at 2007-03-07 23:11 x
生さま、あなたはどなた?
朝○新聞のは読んでないんです。毎○のは読みましたが、わたしと同感ではなかったの。何日付けでしょう?
ブルネロを聴いていて、これを録音してまた聴きたいとは思いませんでしたねぇ。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-07 23:11
そうか、生が一番ですか。絶好の機会を聞き逃してしまったですね。でも今回のブルネロのライブの日は全部何か予定が入っていて行けなかったんです。ダルキイタリアーナと弾き振りしてるハイドンのコンチェルトは
確か紀尾井ホールで2,3年前に演奏されていて、どこかの新聞の音楽欄に「まるでロックのような3楽章」って書いてあったと記憶しています。
それ以来ブルネロには関心がありました。いろいろ教えていただいてありがとうございます。とりあえず、ではAlone を聞いてみますね。
GPさま、レッスンお疲れ様でした。
先生の前では自分も普段の練習の6,7割ぐらいしか弾けていないように思います。でもそれが自分の今の力と、割り切っています。
でも、だんだん、ほんとにすこしづつですが、力はついてくると思いますよ。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-07 23:29
おっと、↑上二つ。mototyo姉とまったく同じ23:11に投稿していた。最近、ニアミス多かったけど同時刻ってのは、初体験。
Commented by mototyo at 2007-03-07 23:42 x
ニアミスも、さっき、ちょろさんのとこで、コメント書いてたらバチっと消されて、それはチェリさんが投稿したからだったわ。 
戦いよ。
hideoさんの紀尾井のダルキのとき、ハイドンの前にカヒーゼのブリューダーシャフトっていう、クロスオーバーみたいなのをやったんだけど、
終わったとき、となりの75歳くらいのご婦人と、おもわず、いいですねーと微笑みあってしまいました。
そのときの新聞評は磯山さんだったけど、「管理臭が少しもない。みなのびのびと嬉しそうに音楽をし、その中心に、天馬空を行くようにチェロをかなでるブルネロが座っている」と、ダルキのことを書いていた。
ほんに、そのとおり。
Commented by チェリ at 2007-03-08 00:11 x
mototさん、ごめ~ん。この時間は要注意ね。失礼致しました。いま、我慢して少し時間おいたからだいじょうぶかな?
あのネ、朝日のコメントは白寿のだったわよ。
<いかにも享楽的に見えるブルネロが、愉悦をどこか遠くに押し隠して禁欲するところに面白いバッハが生まれる>って、何となく理解できないな~。ソリマのコンチェルトロトンドについては<多重録音を多用しているのかと思ったら。。。全部自分で実際に弾かれている>で最後に<ブルネロが優秀なチェロ奏者という枠を超えて、この楽器の可能性を汲み尽くそうとしていることが伝わってきた>
と結んでいます。
私が聴いたハイドンは確か東京の夏音楽祭、サントリーホールの時。ダルキと紀尾井シンフォニエッタの一部のメンバーの混合。すごく楽しかったです。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-08 00:25
お2人とも、新聞のコメントを切り抜いてファイルされているのですか?
あまりにも記述がリアルなので、きっと手元にファイルがあってそれを見ながら、打ち込んでおられるのですよね。すごい情熱です。ひょっとしてブルネロに関する記事がほとんどファイルされていたりして。
Commented by チェリ at 2007-03-08 00:25 x
hideoさま、戦いのように送信しているものでだいぶ打ち間違いやスペルミスが。。。Burunello→Brunello、Cllassic→Classic、
あと、きのうからいくつか、すみません。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-08 00:27
あっ!!また同じ時刻に投稿。チェリさんと00:25なり。おなじ日に二つも同時刻投稿なんて今日は特別な日ですね。
Commented by チェリ at 2007-03-08 00:35 x
今度はhideoさまと同時!
さっきの朝日のコメントは、ちょうど友達が切り抜いて送ってきたばかり。何度も読んで覚えていた!
でもcdはブルネロ専用の箱に入れてあっていつでもすぐ聴けます。
ちなみに専用箱は15枚入りの紙箱。
専用箱に入っているのは今のところ、ブルネロ、ペレー二、ヨーヨーマ、あとはバッハ無伴奏。
Commented by mototyo妹 at 2007-03-08 00:54 x
チェリさま、声かけあって、いきましょー!!
朝日のコメントありがとー。うーん、なんかしっくりこないわね。
そうかもしれないけどー、みたいな。
わたしが行ったのは、紀尾井じゃなくてサントリーだったわ。
そこでもチェリさんとニアミスしてたのね。
私、宮仕えなんですけど、この深夜のチャットで
ねぶそく~~~・・・・。さようなら・・・
Commented by ちぇり at 2007-03-08 01:07 x
すまないことです、はい。私の仕事はほとんど午後から夜。hideさま、motot様は朝早いのよね。今後慎みます。グランパさまはたぶんもうお休みでしょうけど。hideo、さまがまたブルネロの話を持ちだすものだから。。。私も明日は早いのだったわ!おやすみなさい。
Commented by グランパ at 2007-03-08 13:03 x
mototyo姉さま、「生さま」は認知症のGPでした。
お粗末ですねぇ、我ながらいやんなっちゃいますわ。
hideo兄、励ましを有難うございます。師匠がとてもお優しい方なので何とか頑張れます。絶対に駄目よなんてお叱りはありませんしむしろ励まされています。下降は無く向上してるって。午後はレッスンの録音を再生して良く聴き、その後自己練します。
Commented by hideonoshogai at 2007-03-08 16:13
グランパさま、下降はなく向上しているって、うれしいお言葉ですね。すごく励みになりますよね。自分は師匠に「向上している」ってまだ一度も言われたことないのでちょっと哀しいです。
Commented by mototyo妹 at 2007-03-08 22:10 x
生兄さま、なんのなんの。これきし。
hideo兄さま、10月12,13と、ブルネロがシンフォニエッタと弾き振りしますよ。それまで元気でいましょ。
7月20,21日の清水直子も行こうっと。
今日こそは早寝するぞ。(キッパリ)
Commented by hideonoshogai at 2007-03-09 08:44
mototyoさま。10月12,13は金、土だから、どちらかは行けますね。手帳にメモメモ。シンフォニエッタってことはホールは紀尾井ホールですね。HPのぞいてきます。

<< 幻のリサイタル 散歩 >>