譜面到着

2月20日に注文したシベリウスのロマンスとレリジオーソの譜面が
昨日とどきました。

出版社はデンマークのWILHELM HANSEN。
きっと北欧の作曲家の譜面を多く揃えている出版社なのでしょう。

シベリウスには隠れた名曲があります。
弦楽のための「アンダンテ・フェスティボ」もそのひとつ。
演奏時間が5分ほどの小品ですが、わたしのお気に入りの一曲です。

「祝祭アンダンテ」とでも訳すのでしょうか。
とてもゆっくりしたテンポで哀愁を帯びた旋律が
弦楽5部でからみあいながらユニゾンで奏でられます。
とても重厚で美しい響き。

キリスト教では人が亡くなっても
死は人が神のもとへ行ける祝祭。

なので「アンダンテ・フェスティボ」には
結婚式は勿論、告別式でもどちらでも演奏されても全く違和感がない
独特の響きがあります。
自分が死んだら、お別れの席上で流して欲しい曲のひとつでもあります。

北欧のチェリスト、モルクのグリークのチェロソナタのCD
に、このシベリウスのチェロ作品が収録されていました。

どれも佳作なのですが、中でも
4つの小品の中のロマンス(作品78-2)がとても
美しい。

初めて聞いた時から心を奪われました。
楽譜がないけれど、どうしても弾きたかったので、CDを聞きながら
採譜を試みました。
でも12小節で断念。

4/4で譜面に音符を書き込んでいったのですが、12章節目で
音符の長さがわからなくなったからです。

とどいた譜面を見て、納得。
12小節目まで4/4 で13小節目のみが2/4になっています。
これでは音符の長さがわからなるはずです。

d0010720_1954422.jpg


2小節のピアノの前奏のあとの主題。
ド~~ラ~~シ♭~~ラ~ソファ~~レ~~ファ~~
なんという美しい旋律。

この主題をどう弾いたらよいか考えています。

音程を正確にとるには
最初のドをD線の6ポジションの1指で押さえて
ラ~~シ♭~~はA線の2指3指という運指もありかなと思いました。

それともドはA線の2指で
そのあとフラジオ気味にラでラ~~シ♭~~はA線の2指3指と行ったほうが
自然なのかも知れません。

モルクの演奏を聴いていると、
どうも最初のドはA線で弾いているようです。
全部A線で弾く方が、旋律の流れに違和感がないです。

やはりすべてA線で弾かなきゃならないかな。
でもそうすると第1ポジションから第6ポジションまでの2指の移動を
すばやく正確にしないと。

ロマンスの一番のヤマ場、譜面5段目の
レ~~レレドレド、レ~~レレドレド、ドシ♭ドシ♭、シ♭ラシ♭ラ、ラソラソ
も盛り上がりそうです。

明日は土曜日。いよいよルイーズが弾けます。
両方の弾き方を比べてみます。

チェロ弾く楽しみがまた一つ増えました。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-02-23 20:00 | チェロ | Comments(33)  

Commented by チェリ at 2007-02-23 23:59 x
明日は寒いらしく、そろそろ冷え込んでいます。今夜は何を聴こうかなと、モルクのグリーグを取り出してかけていたら何とこちらでもシベリウスを。どっちにしようかなと思ったのです、ほんとに
!!でも私のcdにはグリーグの弦楽四重奏がカップリングされていてシベリウスではありません。残念。版が違うのですね。
北欧作品って夏に聴くとさわやかですが、冬に聴くのも好きです。
では明日はルイーズ嬢と良い週末を。
Commented by mototyo at 2007-02-24 23:51 x
画面を見ながら、わたしも弾いてみます。
きょうは、チェロ合奏の練習がありました。
アディオスノニーノのベルリンフィルの12パート譜を、先生が3パートに編集したものです。
わたしのパートはおいしいところと、やばいところと両方あり。
hideo様、この場をお借りして、チェリさんにお知らせさせてくださいね。
10月にブルネロとシンフォニエッタで、田園をやるようです。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-24 23:52
チェリさまもモルクのグリーグもっていらしゃるのですね。私のは輸入版で、帰宅の途中でフラッと立ち寄った山野楽器で偶然見つけました。
モルクのCDはこれ1枚しか持っていません。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 00:01
mototyoさま、ロマンスの譜面ちゃんと読めますか?画素数を少なくしているので、あんまり鮮明じゃないけど、なんとか見えるんじゃないかと思ってアップしました。こういう譜面のアップって営利目的でなけらば別にお咎めなしですよね。著作権がからむから、どんなものなのか、アップしてから、ちょっと悩んでしまいました。
チェロアンサンブルやってらっしゃるんですね。
ベルリンフィルの12人は昨年7月にサントリーで聞きました。
12パートを3パートに編曲って先生、器用なんですね。
メンバーは何人いるんですか。
Commented by mototyo at 2007-02-25 00:26 x
読めますよ。著作権はだいじょうぶと思いますから、もっと紹介してくださいね。
ただーし、ハ音記号が読めんのですよ。 ここがドだから、1,2,3、、と数えております。
うちの先生の編曲の才能は見事です。
生徒の能力に応じて、必要なパートをふやしたり、バランスをとったり。
いままでに、ヘンデルのパッサカリアとか、クレンゲルの賛歌とかやって、大成功でした。高音域のひとは、青息吐息ですが。
だいたい12~15人くらいでしょうか。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 00:35
mototyoさま、12~15人ってのは大所帯ですね。初心者も当然いるでしょうから、選曲やアレンジも大変でしょうね。でもチェロアンサンブルは楽しいですね。クレンゲルの賛歌は5番が一番美味しいような気がします。ハイポジションなくてあのテーマ弾けますから。
Commented by mototyo at 2007-02-25 00:55 x
hideoさまも、アンサンブルやるんですか?楽しいですよね。
きょうは、それと、ピチカートポルカもやりましたが、これがけっこういけました。もっと絶妙な緩急がつけば、ウィーンフィルも真っ青(???)
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 01:00
mototyoさま、へぇ~。ピチカートポルカですか、ピチカートは楽しそう。いつも平日深夜に一人でこっそりやっています(^^)。チェロアンサンブルはやっていたんですが、ちょっと事情があって今中断しています。でも早く復帰したいなぁ。
Commented by チェリ at 2007-02-25 01:35 x
何だか楽しそうなお話ですね~。私の方は五月におさらい会があるみたい。思い切って全員でアンサンブルしたい、と言いましたらトップのパートが何人かいないとまだ無理ということで次回におあずけに。
hideoさま、やはりチェロアンサンブルはクレンゲルが定番ですよね。5番素敵。ほとんど3年から4年くらいのレベルでも弾けそうなのがあったらそのうちご紹介くださいませ。うちは15人くらいかな。
トップのパートは先生に三人分くらい頑張っていただいて。
mototさん、今日、ブルネロに会いました。ブラームスの子守唄、そして、アルペジオーネの一楽章。ピアノはルケーシーでした。ブルネロの家はすごい田舎。外観は古いイタリアの建物風ですが中はモダンでした。ダイニングも音楽室も明るい。小さいチェロもあったからお子さんのかな。キッチンでブルネロが焼いたピッツァを家族で食べていました。やさしい家庭人でもありますね。
ブルネロの前にアンスネスも出てきてグリーグを弾いてお話も。私が今一番好きな二人の演奏が聞けて今日は幸せな日でした。
mototさん、録画しましたよ。
Commented by mototyo at 2007-02-25 11:05 x
チェリさん、ろ、録画見たい・・・。
hideo様、賛歌の5番を見たら、うちの版は、万年初心者(あたくしのコト)用の5番でした。
話かわりますが、ここのブログはすっきりして、とってもおしゃれなブログですが、一番新しいのが上にのるといいですね?
Commented by チェリ at 2007-02-25 14:02 x
そういえば今年はシベリウス没後50年、グリーグ没後100年ということで北欧のこの二人が脚光を浴びそうです。楽しみです。
mototさん、私も見せてあげたいですよ。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 22:53
チェリさま、チェリさんもチェロアンサンブルやっていらっしゃるのですね。15人というとやはり大所帯ですね。練習場所の確保が大変なのではないですか?クレンゲルのチェロアンサンブルは結構難しいものが多いですね。3,4年の経験者に向いているアンサンブル曲はいくつかありますよ。今年はシベリウス没後50年、グリーグ没後100年ですか?知らなかったです。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 22:57
mototyo さま、コメントは最新のものが一番上に掲示できるほうが読みやすいと僕も思うのですが、このコメントの設定は変えられないみたいで
す。ご不便かけます。
賛歌の5番は先生がアレンジされた5番なのですね。
mototyo さんのところが12~13人、チェリさんのところが15人、チェロアンサンブルは今密かなブームなんでしょうか。
Commented by mototyo at 2007-02-25 23:20 x
コメントは順番でいいと思うのですが、更新したかどうかが、「以前の記事」か、カレンダーをクリックしないとわからないのが・・・。
練習場所は苦労してますが、去年は2回くらい、文化会館のリハ室を使いました。 歴史と風格があって、やっててよかったー!!とコーフンしました。    (ミーハーより)
Commented by チェり at 2007-02-25 23:34 x
私はチェロアンサンブルはやったことがありません。ただおさらい会の最後にみんなで弾いたら楽しいかなと思ったので提案してみたのです。個人レッスンの他に全員が集まってアンサンブルレッスンをするのはなかなかむずかしいですね。私たちにも出来そうな楽譜を持っていったらokしてくださるかなと思ったのですが。まずは自分の音程ですね、アンサンブルには。mototさんは個人レッスンと両方やっていらっしゃるのですか?
Commented by hideo at 2007-02-25 23:40 x
mototyoさま、文化会館って東京文化会館のリハ室ですか?それはすごいです。使用料も結構するんでしょうね。
コメントが更新されたかどうかは、カレンダーの下の「最新のコメント」でチェックするしかないようです。「New!」とかマークもなしだし、あまりにもシンプル過ぎますね。でもいろいろ機能がつていいると使いこなせないかもしれません。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 23:49
チェリさま、音程も合わせるのが大変ですが、テンポ感が各人各様なので縦がそろわないことが多いです。4番パートなんかは、特に初心者が多くなって、ずっと4分音符で弾くようなところでも、音符を弾く長さがみんな微妙に違うので、音程のずれも一緒になると、なんか「ボー」という独特の低音が聞こえてきます。でもやっているほうは結構楽しいんですよ。
Commented by チェリ at 2007-02-25 23:51 x
最新のコメント欄は12文字くらいだしコメントのタイトルはないので始まりの12文字で内容を表すのがコツですね。
簡潔に文を書く良い練習ですね。私は特に書きすぎるので。350字というのも程よい字数制限だと思う。
Commented by motot at 2007-02-25 23:57 x
もともとは、教室の発表会でそれぞれのソロの終わりにちょっと一曲みんなでやったのがはじまりなの。でもアンサンブルってすごく楽しいし、全員親しくなるし、先生も力入れてるから、本格的になってきた。
月3回のレッスンのほかに、月一回くらい土日つかってるので、大変だけど。
音程はむしろ、はずすとすぐわかるから、合奏のほうがきたえられるかも。
Commented by motot at 2007-02-26 00:03 x
ははは。なんか同時に書いてるみたいですね。
hideoさま。そう、はじめはね、なんかごーごーご~~~って感じなんですよ。それが、回を重ねると、めりはりついてくる。そのちがいはすごいですよ。先生もこわいけど。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-26 00:03
mototyoさま、月3回のレッスンて毎回1時間ですか?それにアンサンブルが2,3時間ぐらい?そうとう時間かけていますね。いいなぁ~
Commented by hideonoshogai at 2007-02-26 00:08
mototyoさま、ほんとだ。みなさんいっせいに書き込みしていますね。
これでグランパさんがそろえば御三家全員参加なんだけど。グランパさんはもうお休みしちゃったかな。ちょろさんもそろそろ出番なんだけどな。
Commented by motot at 2007-02-26 00:12 x
時間かけてるけど
わたしゃ、マンションで家で鳴らせないので(それだけではないけど・・)
万年初心者でーす。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-26 00:19
やっぱり、ちょろさんみたいに防音室欲しいなぁ。そしたら、今頃の時間でも弾けますもんね。でもこの時間に弾いたらすごく疲れそう。
Commented by グランパ at 2007-02-27 13:25 x
ちょろ♪さんが又だんまりしていますねぇ。お姉様方が此処でお邪魔し過ぎるから妬いてるのかなぁ(爆)
hideo兄、ほんの少しですが初恋お蔭様で曲らしくなって来ましたよ。1指のExtが難しいです。始めの10小節だけですが、これが基本ですものね。娘家族がソニーのDVを無期限で貸してくれましたので午後にも練習時に録音・録画してみます。鏡が無いので姿勢チェックも、それに最近とても気になる右指・手首などなど、ボーイング。来週水曜日のレッスンまでに何とかもう少しせねば。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-27 14:58
ちょろさん、もうそろそろ出てくる頃じゃないかな(笑)。練習の様子を録画するのは自分の欠点を客観的に見られるので良いですね。ボーイングの前に、まず弓の持ち方が一番重要だと思います。右手親指の第一関節は必ず曲げるが基本です。これをのばしてしまうと小指がつっぱたり手首が堅くなって良いボーイングができません。ボーイングもできるだけゆっくり弓の元から先まで弦に弓の毛が吸い付くように練習するのがコツです。頑張ってください。
Commented by mototyo at 2007-02-27 21:25 x
ブログを維持するのも、大変ですよね。
ちょろさん、そっとしておきましょう。
こちらのお部屋は、ちょい年令層高め、ということで・・・。
え?いっしょにしないでくれ?
わたしは、アディオスノニーノの、大好きなフレーズのとこ弾くお許しが出たので、もうシアワセ(^^)
仕事中そのことを考えると、しゃーわせになる。
人間てささいなことで幸せになれるのね。
Commented by チェリ at 2007-02-27 23:07 x
hideoさまには悪いけれど(姉様、兄様ばかりで)くつろがせていただいてます。東京の別荘ということで。。。ヨロシク。
今日いつも行くcdショップのwポイントデーで何か買わなきゃと思って飛び込んだら、<Great Chamber Music>という10cd入りboxが何と1700円!!でその一枚にブルネロの名前を発見、やった~と、レジへ。一枚170円ですよ~。信じられない。
その面々たるや、すごいの。
カルミニョーラ、フルニエ、ロッシ、グリュミオー、ハスキル、ミルシティン、ランパル、ブルネロ and etc.
カルテットはジュリアード、ウィーン、スメタナなど。
いまブルネロ、ロッシ、カルミニョーラたちのブラームスの六重奏聴いてます。六重奏はチェロが二台だからどっちがブルネロかロッシか耳を澄まして楽しんでいるチェりです。
でもそろそろちょろさんも冬眠からさめて、にゃはは!なんて出てきそうね。
Commented by motot at 2007-02-27 23:18 x
ブルネロのオカシラつきのチェロはロッシが使っていたものだから、このときはどっちが弾いてたんでしょうね。
あのC線はいい音しますものね。
それにくらべて、わたしのC線は、電車が通るような音・・・・・・。
Commented by motot at 2007-02-27 23:24 x
追伸
そのCD、値札つけまちがったんじゃないの?
前に、チェロの展示会で、5万円のチェロが、すがたも渋くて、これいいかも~と集まってたら、50万円をつけまちがいだった。
Commented by チェリ at 2007-02-27 23:36 x
そうかしら??正直者のチェりは少し心配になって<これ、お安いわよね~>と聞いたから、間違いないと思うわ。
今、フルニエのベートーベンの二番に移りました。しばらく楽しめそう。ブルネロ達は現代の代表みたい。音色でブルネロ、確信あったけれど、そうか92年録音だからまだロッシのものかな~。だとすると???
Commented by hideonoshogai at 2007-02-28 00:02
火曜がwポイントデーということは、ひょっとして、○野楽器ですか?自分もときどき行きますが。こんど見てこようかな。でも、哀しいことにうちはもうCDの収納スペースがほとんどないので10枚組みを買っても置くスペースがないかも。ベートーベンの2番は一番好きだなぁ。G-mollの曲はモーツァルトでは多いけど、ベートーベンではあんまりないそうですね。
Commented by チェリ at 2007-02-28 00:19 x
いえいえ、○MVです。box入りで中は紙のスリムケースですから普通のcd三枚分くらいの厚さです。あんまり安いのでwポイントは関係なかったですけれど。。。演奏家ばかり気にしていたけれど曲を見たら名曲揃いです。いま、モーツアルトのカルテットに行きました。また夜更かししそう。明日は早いのでいい加減にします。私もcd棚はあふれています。最近は輸入盤を何枚か買うとまたさらに25%ダウンとかでつい手が出てしまいます。

<< 待ちに待った週末 my cello >>