運指法


来週の火曜日に通算41回目の個人レッスンがある。

2003年12月18日が第1回目だった。
最初に弾いた曲は自分で選んでいった。

ドッツアウアー10番。チェロを25年ぶりに再開してわずか
1週間ぐらいの練習で弾ける曲って限られている。

自分では結構弾けたつもりで先生のお宅へ
伺ったが、いざ、弾いたら、まったく駄目。

途中で落ち、何度弾いても同じところで
弾けなくて、「さあ、もう一度」
と弾き始めようとした時に

師匠が
「○○さん、やはり最初からやり直しましょう」と一言おっしゃった。
そうとう酷い弾き方をしていたんだと思う。

あの日から4年目に入りまだ41回しか通えていない。
だいたい、毎月1回のペースだ。
年間12回しかない。

ドッツアウアーの2巻は今48番。62番まであと15曲もある。
今年中にドッツアウアー終らせて早く次のステップへ行きたいが
時間がない。
焦る。

ドッツアウアーに並行して課題曲も練習している。
クレンゲルのC-durのコンチェルティーノは昨年の2月から始めて
11月に終了した。

クレンゲルが終ってからフォーレのエレジーを始めた。
12月(39回目)1月(40回目)のレッスンでは
ドッツアウアーに時間をとられ、エレジーは弾ける弾けないに
関わらずいつも通して弾いて終わりだった。
エレジー見てもらえるのはいつも60分のうちの最後の10分ほど。

要所要所でいろいろ注意されるが、運指のことはあまり注意されない。
どうしても小指は力が弱いので1,2,3指を多く使った運指法が
多くなってしまう傾向があるが、そうするとポジション移動が多くなる。
ポジション移動が多くなると音程が不安定になる。

エレジーの後半の主題がオクターブ上で出てくる前の
6連符は難所だ。効率よく音程をはずさずに
弾くにはやはりポジション移動をできるだけ少なくして
確実に押さえなければならない。

今夜は、この6連符の運指法を思い切って変えてみた。
夜は音出しができないので
チェロ本体だけ出して、左手で指板叩きの練習かねながら
音程をとっていく。
前の運指法ではどうしても音程が不安定だったところが
今度の運指法ではすこし安定した。
週末に実際に弾いてみて、火曜には何とか
OKもらいたい。

明日は東京オペラシティでゲリンガス指揮の東京フィルの
コンサートがある。
シュエラザードとラヴェルの左手のためのコンチェルト。
ピアノは舘野 泉さんだ。脳梗塞後に復帰した舘野さんの
ピアノはまだ一度も聴いたことがない。
仕事が早く終れば是非聞きに行きたい。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-02-21 23:19 | チェロ | Comments(11)  

Commented by グランパ at 2007-02-23 12:15 x
こんにちは、hideo兄!
昨夜例の「初恋」の楽譜届きました。チェロパートの最初の10小節だけですが、何とか音に、曲に近ずいて来ました。あまりにも綺麗な旋律でしかも初めて弾く8部音符がゆっくりと感じ感動します。
第1ポジしか引いた事がありません。第7小節のファは第3ポジションの4番指で弾き第1ポジに戻ってドを2番指で弾けばいいのですか?すみません、お教え下さい。
師匠のデモ録音と「やさしいチェロ入門」、それにFinaleを駆使しながら奮闘しております。程度の低い質問ですみません。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-23 12:43
グランパさん、「初恋」きれいですよね。待ちきれずさっそく弾かれたの、良く解ります。今、手元に楽譜がないので、後ほど、深夜になるかもしれませんが、運指考えて見ます。いましばらくお時間を下さいませ。ところで第1ポジションしか弾いたことがないですか。第3ポジションはまだ教えていただいてないですか?でもファは3ポジか4ポジ使わないと弾けないです。ではまた後ほど。
Commented by グランパ at 2007-02-23 12:54 x
第1ポジションのみ使用する練習曲しかやっていません。勿論3ポジか4ポジは未だ教えて頂いてはいません。
師匠の録音を何回も聞き直していますが、ファ・ドについて「同じポジションでのことですから」と仰っていますがどうもここん処が分かりません。お手数ですが何卒宜しくお願いします。今から手探りで試してみます。
Commented by グランパ at 2007-02-23 14:56 x
度々すみません。第7小節のファは3ポジションの4番指で弾き1ポジに戻ってドを2番指で弾けばOKでした。
問題は1ポジから3ポジ及び3ポジから1ポジに戻る、この辺りのチェンジ・テクニックらしいです。ぱっと正確にそのポジに行くには練習しかないのでしょうね。もう少し続てみます。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-23 15:28
ポジション移動のときは同じ指で戻るほうが楽です。なので(1法)第7章節のファを2指でとり(第4ポジション)そのまま2指を第1ポジションのドまで戻すのも良いかも知れません。あと先生がおっしゃった、ファとドが同じポジションで取れるというのは、恐らく第4ポジションのことです。先ほどと同じように(2法)第7章節のファを第2指でとってそのままの位置で第4指でD線を押さえてください。そうするとドの音がとれるはずです。このほうがポジション移動がなくて楽なのですが、まだ第4ポジションになれていないとどうしても第4指が低めになってしまいます。正しいドの音を耳で覚えて、第7章節のファを第2指でとってそのままの位置で第4指をD線押さえドがとれるかどうか試してみてください。(1法)と(2法)を比較されて、楽に音程がとれるほうで弾かれたら良いと思います。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-23 16:07
書き忘れました。↑の補足です。上の(2法)の時、ファを2指でとる時、第2指だけでファを取るのではなく第1指も同時にA線を押さえてください。(この位置で第1指はミの音のはずです)。 で次のステップ、第4指でD線を押さえてドをとる時は、ファの2指は離しても良いですが、1指は決して離さないで下さい。1指でA線を押さえたままで、2,3,4指をそのまま、D線の上におきます。そうすると4指がドの音になっているはずです。
これが4ポジションです。いきなり4ポジは辛いかもしれませんが、4ポジ覚えると、すごくいろんな曲が弾けるようになります。がんばってください。応援しています。
Commented by グランパ at 2007-02-23 18:27 x
hideo兄、先程自主練習終わって戻って来ました。
ちょっとやり過ぎましたので、左肘がやや痛いです。(苦笑)。 何とかぴたっとポジチェンジ出来ませんがそれらしきものに近ずいています。CDをリピートさせながら少々楽しみながらついて弾いてもいます。先生にもこの辺りを電話で確認してみます。
ご多忙のところ丁寧な解説・指導深謝です。
長谷川陽子のCDでは4ポジ(だと思いますが)で2ページ目にあるオクターブ?高い部分を弾いていますが、先生は此処は次のお楽しみと。今は(勿論ですが)10小節までと言われました。では、又・・・
Commented by グランパ at 2007-02-23 18:52 x
4ポジを使う2法が気になりましたので、試してみましたらはるかに弾きやすいです!これはしたりって感じです。
先生は今レッスン中らしく連絡取れませんが、こんな感じで左手を使っておられたのを思い出しました。又報告します。有難うございました。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-23 19:35
グランパさま、やはり2法の方が楽でしたか。ポジション移動で音程決めるのは難しいので、私も2法をお勧めします。お役に立てて良かったです。グランパさまも、相当練習熱心とお見受けいたしました。でも、あまり弾きすぎると、腕や指を痛めますから、痛み感じたら、「弾きたい気持ちをぐっと抑えて」休むようになさってください。4ポジ自主練習どうもお疲れ様でした。
Commented by グランパ at 2007-02-25 08:01 x
お早うございます、hideo兄!
先生に電話で確認しました。hideo兄の仰る1法・2法の何れでも自分が弾きやすいと思うのを選んで宜しいと。
2法の方がはるかに楽ですのでこれを暫く続けます。少しずつですが良い方向へ。♭シも初めてなのです。そう云えばこの楽譜、著者にメールすればピアノ伴奏のCDが入手可能とのこと、お買いになりましたか?取り敢えずは娘に今日にでもピアノパートを弾いてもらい録音します。では。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-25 23:02
グランパさま。先生も同じ方法をおっしゃたようで安心しました。ピアノ伴奏のCDついているんですか?それは知らなかったです。もう一度楽譜調べてみます。でも、ピアノ伴奏のCDにあわせて弾くのは意外に難しいんです。こっちがちょっと遅れちゃっても、向こうは待っていてくれませんから。

<< my cello ベートーベンチェロソナタ全曲演奏会 >>