チェロ弓試奏してきました

弓の試奏に行ってきました。

いつもそうなんだけど、まず、最初に弾くのはC線。

C線を鳴らすには、けっこう力が必要で
腰の弱い弓では毛がへたってしまって音がでません。

できるだけゆっくりしたスピードで駒よりで弾いて音が
潰れないかどうかも重要なポイント。

あとはC線の1ポジのDを弾いて楽器の響きぐあい
特にD線の共鳴の程度を体で感じる。

これをやると腰の弱い弓は自然に除外されていきます。

勿論、今日、試奏した弓は以前一度弾いていて
↑はクリアしていて、でも価格が高いから
買うかどうか迷ったあげく諦めたんだけど
すごく気になっていたのでもう一度弾きました。

結論から先にいうと


買うのはやめました。

昨日の日記に書いた
1)弓と価格差が約3倍あるのに音の差はそれほどない

しいていえば音が明るく音量がある
あとは発音がいい、音の通りがいい。
でもほんの僅かな差でしかありませんでした。

今のメインの弓ともあまり差がなかった。

ということで
また弓探しは振り出しにもどりました。

やはりお金もっと貯めて
今の弓より2グレードぐらい上の弓が欲しいですね。
でもいったい、そんなお金がいつ貯まるのだろう(←かなり疑問)。
[PR]

by hideonoshogai | 2007-02-18 23:20 | チェロ | Comments(2)  

Commented by cello-rin at 2007-02-19 13:40 x
弓探しの旅・・・ですね。
C線でD音鳴らして、D線の共鳴の具合をみる・・・
これなら私にもできるかもっ!と思いました。

今まで弓を見に行っても
「チェロ本体もいずれ変わるし・・・」という思いで
本腰を入れて弓を探したことがなかったのです。
去年チェロを買い換え、たぶん、ずっとこのチェロを使うので
ゆっくり弓も探そうかしら。
Commented by hideonoshogai at 2007-02-19 23:16
弓はできるだけ多くの弓を、それこそ、いろんな楽器店で、いろんな価格帯のものを試奏するといいと思います。たくさん試奏して結局購入しなくても楽器屋さんは、嫌な顔はしないと思いますよ。嫌な顔をするような楽器屋さんからは、むしろ、買わないほうがいいです。

<< 教則本 大植さんがマラ9をキャンセル >>