秋の鶴ヶ城

先週末、会津若松の実家にチェロを持って行って来ました。
来年90歳になる母は、このところだいぶ耳が遠くなったので、しっかり聞こえるうちに
生チェロの音を聞いてもらいたかったからです。

実家について簡単な昼食を済ませ
すぐにチェロを弾きました。

うさぎ
十五夜お月様
荒城の月
小さい秋みつけた
ジョスランの子守唄
故郷
見上げてごらん夜の星を
遠くへ行きたい
バッハ無伴奏

母はジョスランの子守唄が大好きで
最初はいきなり弾いたので「一緒に歌えなかった」と叱られました。
2度目と3度目は母に合図し、母の歌に合わせて弾きました。
すぐに機嫌が直り、喜んでくれました。
兄夫婦も一緒に聞いてくれ
兄には「無伴奏が一番良かった」ようです。

翌日、朝食後に鶴ヶ城を散策しました。
風が強くとても寒い日でした。お堀の水面が風に揺れ、まるで緩やかな川の流れのようです。
西出丸南側の内堀沿いをぐるっと東へ周り桜の広場、廊下橋を抜け本丸へ。
そして最後は荒城の月の歌碑まで。歩いた順に動画を繋げてみました。

今年の紅葉はあまり奇麗ではない気がします。

この動画に以前紹介したフカチョーバさんのチェロをBGMでつけてみました。
ブラジル風バッハは、この秋の寂しい風景にぴったりです。

こんな音が出せるようになるのは何時だろう。
いや、そんな日は永遠にこない気がします。



[PR]

by hideonoshogai | 2016-11-02 21:41 | 家庭 | Comments(2)  

Commented by la-solistakao at 2016-12-01 19:00
90ですか ご長命ですね
そして チェロを聞いていただけるなんて なんて しあわせなんでしょう
うらやましいです
ジョスランの子守唄をご存知 なんて
大正生まれになるんですよね?。なんて ハイカラなおばあちゃま♪ 
Commented by hideonoshogai at 2016-12-01 23:10
kaoさん、コメントありがとうございます。
だいぶ耳が遠いので、どれぐらいはっきり聞こえたのか分からないのですが、一緒に歌っていたので聞こえてはいたのでしょう。いつも今回が最後かも知れないと考えながら弾いています。もうちょっと早く生まれていれば大正の昭和2年生まれです。

<< ギターとの初コラボ 伊根へ >>