うさぎ

先月のボランティア演奏から、「うさぎ」をアップします。

リハーサルでは、2コーラス目をオクターブ上げて弾きましたが
緩和病棟では穏やかな響きの方が良いだろうということで
実際には静かな「うさぎ」として演奏しました。




上の演奏に対して、リハーサル時はピアノ伴奏も含めまったく違う雰囲気での
演奏となっています。


音楽療法士さんはいつも即興で伴奏をつけてくださるのですが
いつもこのピアノ伴奏にinspireされ、チェロの弾き方も変わっているようです。

オクターブ上がってからの音程が相変わらずきまらず
冷や汗ものです。

リハーサル音源の画像は福島県下郷町のなかやま雪月火です。

写真は
「ふくしまの旅 観光フォトライブラリ」
http://www.tif.ne.jp/houjin/photo/index.html
からダウンロードしました。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-10-02 09:30 | 音楽療法 | Comments(2)  

Commented by la-solistakao at 2016-10-25 05:42
雪月火 初めて みます

うさぎ いいです
ピアノの効果も ありでしょうけれど
それを受けて 感じていく音色を作るのは
やはり メロディー部分の弾き手

素敵な duoです
私もよく相方に助けられることがおおいです
Commented by hideonoshogai at 2016-10-25 20:24
> la-solistakaoさん
kaoさん、うさぎ、聴いていただいてありがとうございます。
ピアノ伴奏者は音楽療法士として、その日の患者さんも含めその場の雰囲気を感じて音を出してくださるので、私はとても弾き易いです。自分ひとりではなかなかこういう音は出せません。そういう方と一緒に弾けるのは幸運だとおもっています。

<< 遠くへ行きたい(チェロ・ソロ) 弦張り替え >>