弦張り替え

来月のボランティア演奏に備え、土曜日に6ヶ月振りに弦を替えました。

いつも通り

上からA線:ラーセンソリスト
   D線G線:プリム
   C線:スピロコアクロム
です。

替える前は弦の劣化にはあまり気づかないものですが
張り替えるとやはり音が豊かで発音が良いので弦が相当劣化していたのが実感できます。
本当なら3ヶ月に一回替えたいところですがプロではないので
6ヶ月に一度にしています。

来週には弦が落ち着き、もうすこし音が豊かになるのではと予想しています。

弦を替え久しぶりに生録音したのでアップします。
⬇でアップした「鹿のように」です。
ピアノ伴奏がないとチェロの下手さが目立ちます。
特にハイポジションでのポジション移動に伴う音程の悪さが気になって仕方ありません。
八分音符は、もっと長めに弾いたほうが全体がたっぷりした感じになっていいのでしょう。
自分ではたっぷり弾いているつもりでも実際にはそう聞こえていないということですね。


[PR]

by hideonoshogai | 2016-09-26 19:47 | 音楽療法 | Comments(0)  

<< うさぎ 鹿のように >>