夕焼け小焼け・故郷(take2)

先週の緩和病棟でのボランティア演奏から、プログラムの最後に弾いた
夕焼け小焼け、と故郷を再度アップします。



前回6月の音源
と演奏の場所も録音機器も全く同じですが
チェロの響きが今回のほうがたっぷりしているように思います。
ちなみに弦もまったく同じで
上からA線:ラーセンソリスト、DG線:プリム、C線:スピロコア(クロム)
といつもの一番安価な組み合わせです。

演奏時間は前回が4分19秒だったのに対し、今回が5分で40秒も長い。
ボーイングが今回の方がゆったりしていたのでしょう。

画像は順に

夕焼けの磐梯山
夕日をあびる鶴ヶ城
花筏と廊下橋(鶴ヶ城)
紅葉の柳津虚空蔵様
紅葉の五色沼と裏磐梯

で、どれも会津で生まれ育った人間にとっては懐かしい故郷の景色です。

写真はすべて
「ふくしまの旅 観光フォトライブラリ」
からダウンロードしました。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-09-21 23:18 | 音楽療法 | Comments(0)  

<< 鹿のように 小さい秋みつけた >>