小さい秋みつけた

先日の病棟でのボランティア演奏から「小さい秋みつけた」をアップします。
冒頭を語りかけるように弾くことを意識すると
どうしてもテンポがゆっくりになってしまいます。
最初はゆっくりでも、途中から少しテンポアップしても良いのかも知れません。

3コーラス目で1オクターブ上げて弾いていますが
ハイポジションになると1、2コーラス目にくらべて右手のボーイング
の幅が少なくなってしまいます。
どうしても音がぶち切れて繋がっていない。
音の伸びやかさが足りません。
これは次回への課題です。



伴奏をしてくださる音楽療法士さんは、私のチェロの音に反応して
いつも(伴奏譜面なしで)即興で伴奏をつけてくれますが、
3コーラス目での気持ちの高まりをうまく音に表してくださって
まるでコンチェルトでも弾いているような気分でした。

画像は、紅葉の名所、香嵐渓(静岡県)です。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-09-17 18:14 | 音楽療法 | Comments(0)  

<< 夕焼け小焼け・故郷(take2) 秋の音楽のプレゼント >>