ジョスランの子守唄(ライブ版)

先日の夏のボランティア演奏から9曲目の「ジョスランの子守唄」をアップします。
元々は長めのイントロ付きピアノ伴奏がある曲ですが、いつもソロで弾いています。

こうして改めて聴くと、付点の付いた音符の長さがいつもいい加減。
僅かに短めに弾いてしまう悪い癖です。

前半はゆったりと。後半は少しテンポをアップしています。

以前にも書きましたが、この曲は母が大好きで、自宅にチェロを持って行けない時には
過去の演奏動画を聴いてもらっています。

最近、だいぶ耳が遠くなり、ヘッドホンでないとはっきり音が聞こえません。
冒頭の旋律が聞こえると
『むごき定め~身にあもりて~ なれとねむる~ のろわれの夜~ 』と母は大声で歌い始めます。




画像は今年6月に訪ねた帯広市の「真鍋庭園」です。

ジョスランの子守歌 近藤朔風詩

 むごきさだめ 身に天降(あも)りて
 汝(なれ)と眠る のろわれの夜(よ)
 胸のうれい ゆめに忘れん
 祈らばや ゆらぐ星のもと
 夢のまきまきに あこがれよ み空へ
 眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中(さよなか)
 あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ

 愛のつばさに おおわれつ
 わが来(こ)し方(かた) かえりみれば
 流れたゆとう 波にも似たり
 あわれいく日(ひ) 祈りに泣きぬ
 夢のまきまきに あこがれよ み空へ
 眠れいとし子よ 眠れ今は小夜中
 あゝ夢ぞいのち マリアよ守りませ
[PR]

by hideonoshogai | 2016-07-02 00:03 | 音楽療法 | Comments(0)  

<< バッハ無伴奏(ライブ版) 星に願いを(ライブ版) >>