あの少年のその後 ーその2ー

2008年の暮れに応援した小学生の男の子がその後もずっとチェロ
を続けていることは2014年4月に一度紹介しました。
以来、彼の新しい演奏をずっと心待ちにしていましたが
つい最近、この少年、元い、青年がエルガーのチェロ・コンとバッハ無伴奏6番(サラバンドとガボット)という難曲を
2つ続けてYou tubeにアップされていたのでこのブログでも彼の動画を紹介したいと思います。

ますます音がしっかりし、弾き方も洗練されてきました。
今後の成長がとても楽しみです。

まずはエルガー。


冒頭の重音からしびれます。ボーイングにますます磨きがかかってきました。
音と表現に深みが出て来ました。

次にバッハ。


重音だらけで、ものすごく難しいのにすごく歌ってますね。
この難曲が、難曲に見えず「さらりと弾いている」ように見えるところが凄いです。

今後、彼がますます活躍されるよう日本から応援しています。
[PR]

by hideonoshogai | 2016-01-20 19:09 | チェロ | Comments(4)  

Commented by pearblossom at 2016-01-21 17:21
hideonoshogaiさま
お元気ですか。お久しぶりです。またまたここで息子の事を紹介していただいて本当にどうもありがとうございます。
息子はチェロ一筋でずーっと日々練習がんばっています。去年の夏にスイスのヴェルビエミュージックフェスティバルに参加して以来、指揮にも目覚めて、今チェロと指揮と両方同時に勉強しています。
クラシック音楽ずけの毎日です。いつも温かい応援とサポート、感謝しています。
Commented by hideonoshogai at 2016-01-21 18:21
pearblossomさん、コメントありがとうございます。
指揮も始めたんですね!動画みました。チェロは勿論ですが、指揮もなかなか決まってましたよ。チェロにせよ指揮にせよ、今後どんな風に成長されていくのか、とても楽しみですね。
Commented by fancykao2y at 2016-01-23 20:06
hideonoshogaiさん
この少年記憶にあります クリスマスかな何かの 催しのお話を乗せていたお母さんのブログですよね あかずきん・・・だったか
大きくなるなぁ 早い!!

 ちょうど 知り合いの若いギタリストさんが
はじめての CDを出しまして それがバッハの無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調を全曲 他 バイオリンソナタ第一と第3これも全曲 この2週間ほど耳にやきつくほど聞いたばかりでした。
偶然ですわーーー
Commented by hideonoshogai at 2016-01-24 05:31
kaoさん、この少年覚えていらっしゃいましたか!
「赤ずきんとチェロ弾きの少年」というブログです。今はpart2になっています。
無伴奏6番は一番難易度が高く私などはおそらく一生かかっても弾けないでしょう。ギターでの演奏もやはり難しいのでしょうね。
サラバンドは実にいいですね。

<< 厳冬の十勝へ サンキュー・チュウ >>