秋のボランティア演奏

火曜日には職場で秋の「お月見会として」ボランティア演奏をしました。
今回は緩和病棟とE病棟の2カ所です。

緩和病棟でプログラム最後の「故郷」を弾き終えた後、Sさんから思いがけずリクエストがありました。
そしてそのリクエスト曲とは「キリスト教」に関連した賛美歌を希望とのこと。
これまで賛美歌は全く弾いたことがないのですが
たまたまこのところずっと多重録音で弾いていた「フィンランディア賛歌」の譜面を持っていました。
この曲は賛美歌「安かれわが心よ」としても広く歌われているので、フィンランディア賛歌
をSさんのために3コーラス弾きました。

これがSさんの心に深く響いてしまったのです。
すぐに「どこの国の曲か、ドイツかイタリアか?」と質問されました。
「フィンランドの第2の国歌として有名で、賛美歌としても世界中で歌われています」
とお答えしました。

翌日も翌々日もSさんはスタッフに、「この前のフィンランドの曲はとても良かった。
もう一度聴きたい」とお話しされているのが私にも伝わってきました。

多重録音した音源をCDに焼いて聴いていただいたところ
Sさんは大変喜ばれ、CDを聴くのが楽しみになったようです。

Sさんのリクエストにお応えし「フィンランディア賛歌」を弾いて良かったです。
今後、限られた時間の中で「フィンランディア賛歌」がSさんの心の支えになってもらえれば、
と拙いチェロ弾きは願っています。

ちなみに当日のプログラムは

赤とんぼ
十五夜お月さん
小さい秋見つけた
月の沙漠

バッハ無伴奏チェロ組曲1番

アヴェマリア(バッハ・グノー・クンマー)

見上げてご覧夜の星を
故郷

アンコールでフィンランディア賛歌

この日は一曲目の「赤とんぼ」が終わった時点で録音がうまくいっているかどうか
不安になり録音器に不用意に触れたのが悪さをしたらしく、赤とんぼ以降の曲を
録り損ねました。

なので、最初の「赤とんぼ」をアップします。
歌詞が4番まであるので4コーラス弾きました。
音が擦れるてしまうのは、弦が古くなっているせいでしょうか。
もう7ヶ月替えていませんので、そろそろ替えなくてはいけません。


[PR]

by hideonoshogai | 2015-10-09 21:48 | 音楽療法 | Comments(4)  

Commented by soranosoto at 2015-10-10 07:31
聴きました。hideoさん、凄いですね。
こういう活動、頭が下がりますし、畏敬の念さえ覚えます。
とても温かな演奏でした。丁寧で、敬虔に真摯な思いを感じて、瞼を閉じて静かに聴かせていただきました。
拍手・・・
Sさん、喜んでくれて、本当に良かったですね。
Commented by hideonoshogai at 2015-10-11 15:48
aoさん、聞いていただいてありがとうございます。
1曲目は、普通は右腕が緊張のためか少し萎縮してしまいがちですが、この日は不思議なことにあまり緊張せず、右手をたっぷり使えたのが良かったのかもしれません。
ピアノの前奏にずいぶん助けられているのも大きいです。
Commented by fancykao2y at 2015-10-14 20:32
すてきに 歌っていますねぇ~~

チェロは いいですねぇーー
Commented by hideonoshogai at 2015-10-15 05:48
kaoさん、コメントありがとうございます。
歌っていますか〜。

いえいえ、ギターもとてもいいですよ。

<< 秋のボランティア演奏 その2 祝祭アンダンテ(多重録音) >>