アヴェマリア(再々編集)

Garage Band を使って過去の音源ファイルを再編集していますが、
編集後、音がすごくリアルに生々しく変わることに驚いています。

これまでYou tube にアップした音源を、編集前後で比較し聴いていただくと
Garage Band 編集による音の変化を体験していただけます。

今回、使用した音源は「アヴェマリア」。

通常は、バッハの平均律クラヴィア集を伴奏とし演奏されますが
このヴァージョンはバッハ無伴奏チェロ組曲1番のプレリュードが伴奏に使われるという
ちょっとマニアックな編曲です。

もともと、チェロ2重奏曲なのですが、2nd celloパートを音楽療法士さんに
電子ピアノで弾いてもらい2012年12月に録音したものがオリジナル音源です。

当時は、recorder を購入したばかりで、まだ扱いに十分慣れておらず
音声入力レベルを最小ぐらいで収録したため通常の再生ではほとんど音が聞こえませんでした。
その時にアップした動画がこちら

アップはしたものの、再生機のボリュームを最大にしても僅かしか聞こえないので
「ヘッドフォンで聴いてください」と You tubeにコメントを追加しました。

2013年2月からMacBooK Proを使用、i-movie で動画を作成しています。
作成時に音声レベルを500%までアップさせることができるので
音声がまったく聞こえなかったオリジナル動画を 2013年8月に編集後再度アップしました。

これで音声はかなりよく聞こえるようになりましたが、まだ不十分でした。

そして、今回、Garage Band を用いてオリジナルのファイルを加工したものが
この動画です。




いままでとは聞こえ方が違うことに驚いています。
収録した時の雰囲気が伝わってくる凄い臨場感。

電子ピアノもチェロも細かい音の変化がすごく良く聞こえとてもクリアです。
ただ逆を言えば演奏の傷や欠点もはっきり目立つ。

ということで、Garage Band 編集後に音がガラリと変化した一例としてアップしておきます。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-08-20 19:59 | 音楽療法 | Comments(0)  

<< アヴェマリア・チェロ2重奏(多... ベンジャミン・ザンダーのマスタ... >>