星に願いを(ライブ版)

七夕音楽会で「見上げてご覧夜の星を」のすぐ後に演奏した「星に願いを」をUPします。




この曲は音楽療法の現場で、がん患者さんの為にこれまでかならず演奏してきました。
患者さんの前では1年振りの演奏ということもあって、
今までUPしてきたリハーサル音源
ソロ音源とはかなり雰囲気が違います。

音楽療法士Rさんはピアノ伴奏を毎回即興でつけてくださるのですが、今回は特に
後半3:12あたりからの高揚感は, 今までにない雰囲気での見事な伴奏でした。
患者さんだけでなく我々にとっても一期一会の演奏です。

それにしても冒頭のチェロのイントロは相変わらず音程不明瞭。
音が繋がらず、反省するばかりです。

拙い演奏ですが、
患者さんが真剣に耳を傾けてくださる雰囲気を感じて頂ければ幸いです。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-07-24 12:15 | 音楽療法 | Comments(2)  

Commented by rikko at 2015-07-27 13:13 x
たまたまピアのトリオで「星に願いを」弾くことになり調べていたら、ひでおさんの動画にヒットしました。偶然です。

このッ曲、難しいですよね。誰もが知っているし、感動的に弾かないとならないし。。ちょっと苦手かなぁ。

ピアノ伴奏がつくととてもいい感じになりますね。
Commented by hideonoshogai at 2015-07-27 14:54
rikkoさん、コメントありがとうございます。
「星に願いを」は難しいですね。冒頭のオクターブの跳躍は勿論ですが、一見単純に見える上行音階なども、どう気持ちを込めて弾くか、結構大変です。音の違いを出すのに、弓の場所、圧、スピードなどがとても複雑だと思います。

ピアノ伴奏がはいるととても弾き易いです。毎回、音楽療法士さんがその時の雰囲気や私のチェロの音に合わせて多彩な伴奏を即興でつけてくださるので、とても助かっています。

<< 主よ人の望みの喜びよ 見上げてごらん夜の星を(ライブ版) >>