第115回ムジカーザ・コンサート

d0010720_23404297.jpg

開演前のムジカーザ。

昨夜は代々木上原のムジカーザで渡邉辰紀さん山田武彦さんの
第115回ムジカーザコンサートを聴いて来ました。
2003年7月4日にお二人は第46回ムジカーザコンサートで共演されていて
昨夜が今年度企画されたアンコール・コンサート・シリーズの初回です。

このシリーズは毎回演奏時間は1時間ぽっきり(休憩なし)とのことですが
昨夜は途中10分休憩を挟んで終演は9時ちょっと前でした。

前半のコダーイ無伴奏チェロソナタでは
2楽章、3楽章と進むにつれ、アクセルが加速されていくように
最後のコーダに向かってとても緊迫感のある演奏で素晴らしかった。

渡邉辰紀さんのチェロの響きが素晴らしくて特にC線の音が
今まで聴いたことがないような豊かな音量で驚きました。

終演後のパーティでその事を渡邉さんにお話ししたら、
会場のあるスポットにエンドピンを刺すと
他の場所よりも楽器の鳴りが全然違う場所があるのだそうです。

なるほど後半のラフマニノフのチェロ・ソナタではコダーイとは
椅子の場所が変わっていて
響きが少し抑制された感じがしたのはピアノ伴奏が入ったことだけが
原因ではなさそうです。

ラフマニノフも各楽章の聴かせどころのメロディを甘美に歌われ
うっとりしました。

アンコールもやはりラフマニノフで、交響曲2番の3楽章をチェロとピアノにアレンジした
小品。これは実は譜面をもっているのですが、生を聴いたのは昨夜が初でした。

久しぶりの渡邉さんのチェロを堪能した一夜でした。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-04-25 23:40 | チェロ | Comments(5)  

Commented at 2015-05-21 16:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fancykao2y at 2015-05-21 19:30
先日 アルゲリッチを聞いて マイスキ―にまたほれなおし(笑)一昨日 チェロに初挑戦してまいりました。
沈没撃沈です
右指 弦をもつ手がかないませんでした。
弦を同時に2つ弾いてしまいます。
難しいですね  尊敬します
Commented at 2015-05-21 19:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hideonoshogai at 2015-05-22 04:40
鍵コメさま、拙ブログを見つけていただきありがとうございます。譜面見つかって良かったです。初めて弾かれ緊張されると思いますが発表会たのしまれてください。最近は昔ほど頻繁にはアップできないでいますが、これからも時々のぞいてくださったら嬉しく思います。
Commented by hideonoshogai at 2015-05-22 04:48
Kaoさま、コメントありがとうございます。アルゲリッチとマイスキーは熱い演奏だったのでしょうね。
最初チェロの弓をきちんと持てないのは誰でもですよ。というより何年弾いてもなかなかうまく持てない。よく卵をつかむようにとか例えますが重さがあるのでなかなか支えきれないし、まして弦を擦らなきゃいけないから右手はとんでもないかたちになっちゃいます(笑)。これに懲りずにまたチャレンジされてくださいませ。

<< スーパー・チェロ・アンサンブル... 鶴ヶ城の桜 >>