発表会終了

日曜日に恒例の発表会があり、ことしはセバスチャン・リーの
2重奏/作品60の5番を師匠と一緒に弾いた。

当初は全楽章を弾くつもりだったけれど、一人の持ち時間が9分とのことで1、2楽章のみとなる。
リーはチェロのために美しい旋律の練習曲をたくさん書いていて、この作品60の5番もとても
美しい2重奏だ。
You tubeでこの曲の音源を探したが、まだ誰もアップしていない。
あまりmajorな曲ではないのかも知れない。でも良い曲で凄く気に入っている。

本番の40分前に控え室で最終の合わせをし、2回通して弾いた。
普段なら弾けていた1楽章の3連符の難所。後半で落ちてしまう。

この曲は1、2番チェロで旋律と伴奏が交互にでてきて
いわゆる「掛け合い」をどうお互い弾くかが聴かせどころではあるのだけれど
、師匠の素晴らしい3連符を聴いてしまうと
何故かプレッシャーがかかって萎縮してしまうのだろう。

案の定、本番でも同じところでちょっとミスってしまった。
ただ、冒頭、最初に音を出す時の緊張感は以前ほどは感じなくなり、
幸い右手が萎縮することもなかった。

相変わらず音程が甘い、音がスムースに繋がらない、音にメリハリがない、
などなど課題は沢山あるけれど
とりあえず大きな事故もなく無事に弾けて良かった。

これまでずっとピアノの発表会の中で最後にチェロの演奏のセッションがあったが
打ち上げの席で、「来年はチェロだけ別の日にしたい。皆にもっと沢山弾いてもらう、
自分もたくさん弾きたい」と師匠から重大発表あり。

早速、来年に向けて選曲をしなければ。
[PR]

by hideonoshogai | 2015-03-24 19:20 | チェロ | Comments(2)  

Commented by fancykao2y at 2015-04-10 08:58
チェロにしか できない方法
チェロという楽器の可能性を
求めても おもしろいかもしれません

それは 他の楽器が 入ってきては
できないことですから。

ぜひ チェロだけの 演奏会を!!
Commented by hideonoshogai at 2015-04-10 22:40
チェロだけですと、時間がたっぷりありますから、もし師匠からお許しがでるなら、無伴奏1番全曲もトライしてみたいです。

チェロらしいこと、チェロにしかできないことというと・・
やはりチェロ・アンサンブルでしょうかね。

<< 鶴ヶ城の桜 adagio >>