十勝の旅

二泊三日で帯広に行って来ました。

幸い三日間とも天候に恵まれ、「十勝晴れ」を見る事ができました。
北海道ではどこへいくにも車が必要ですが、最近車を運転するのは面倒で
車を借りなくても観光できるツアーが無いか
いろいろ検索していたら十勝バスが「ガーデン巡りのバス」を企画していました。
しかも一日コースを二日間の午前・午後に分けて予約すると割引があり
帯広空港までのチケットもサービスという特典まであることから
このバスツアーで二日間十勝を観光しました。

d0010720_1391385.jpg


初日は午後帯広空港に着いたので駅まで移動し
バスターミナル裏の十勝ガーデンホテルで
ホテルオリジナル味付けの「豆豚丼」を頂きました。

d0010720_1144543.jpg


肉が柔らかくあっさりしていて、十勝の豆がご飯にまぜてあり
美味でした。

一泊目は十勝川温泉に宿泊。
部屋には小さめながら露天風呂があり風呂から十勝川を眺めながら入浴できます。

d0010720_114646100.jpg


二日目はまずホテル近くを散策し
日本一大きな花時計まで20分ほどで到着。

d0010720_1149763.jpg


この日は雲一つない快晴で
この公園から日高山脈が奇麗に見えました。

d0010720_19554324.jpg


民謡「十勝馬唄」の歌碑がありました。そしてこの「十勝晴れ」の美しさ。
青から紫にグラディエーションがかかっているようです。

午後はバスで
まず紫竹ガーデン

d0010720_1310246.jpg


次に 六花の森

d0010720_13104299.jpg


最後に道の駅中札内
十勝野フロマージュのアイスクリームは濃厚な味で美味しかった。
鳥の唐揚げは時間切れで食べられなかったのが残念。

の3カ所をまわり夕方北海道ホテルに到着。

三日目の午前はバスで

まずは、真鍋庭園

d0010720_13134388.jpg


次に シープドッッグショー
 これがなかなか面白かったです。

最後に 池田ワイン城

d0010720_13142573.jpg


を周りました。

北海道はこれまであちこち観光してきましたが
帯広の豊かな自然に恵まれた環境とゆったりした町並み
に魅せられ、すこしの期間だけでも十勝に住んで、十勝をもっとゆっくり探索してみたい
と思いました。

追記(2014・9・24)
十勝に魅せられ、長期間滞在してみたいと思われる熟年世代むけに
こんな宿泊施設があるようです。
空港からここまで車まで15分だそうです。
ここだったら、がんがんチェロを弾いても苦情がくることもないでしょう。

[PR]

by hideonoshogai | 2014-09-23 10:20 | | Comments(4)  

Commented by 風琴 at 2014-09-25 11:50 x
こんにちは!
帯広に行かれたんですね!
今は廃線になった士幌線で、帯広から奥に行った上士幌町で、私は生まれたんですよ!
当時、父が糠平ダムの建設管理をしていたんです。
白樺林、ふと現れるエゾシカ、いい所でしょう?いや懐かしい・・・って、3歳過ぎに東京に来ましたから、記憶にはないんですが・・・(笑)
士幌線のサイトで、私が生まれた、正にその集落後を見つけてびっくりし、両親と電話で話し盛り上がりました!
追記の記事を見て、心揺れております(笑)
思わぬ出来事に、胸が一杯、原点に帰って頑張ろうと思わされました♪
感謝です♪
Commented by hideonoshogai at 2014-09-25 17:58
風琴様、コメントどうもありがとうございます。
風琴様、上士幌町のご出身でしたか!とてもびっくりです。
北海道はこれまであちこち行きましたが、「住んでみたい」と思ったのは
十勝が初めてです。美しい空に広大な空間、日本にこんな素晴らしい場所があるのが驚きでした。十勝の四季を体で感じるにはやはりそこに暮らすのが一番なんでしょうね。上士幌町にも移住体験できる公営の宿泊施設がありました、でも、結構予約が一杯で競争率が高いですね。
Commented by 風琴 at 2014-09-25 21:51 x
いつもお返事ありがとうございます。
上士幌にも移住体験できる公営の施設があるなんて!
またまたびっくり!
自分の元風景を確認しに、いつか行ってみたいです。
数年待ちでもトライしてみようかなぁ・・・
Commented by hideonoshogai at 2014-09-25 23:00
上士幌の移住施設はこちらです。
http://www.kamishihoro.jp/place/00000056
10月下旬まで一杯でした。きっと紅葉も奇麗なんでしょうね。
ここが一番新しくて、他にも3つ公共移住施設がありました。

<< 白鳥 ショスタコのプレリュード >>