バッハ無伴奏

バッハ無伴奏チェロ組曲1番プレリュードを再度アップします。
以前の動画アップから約2年6ヶ月経っています。
下手なりにも少しは感じが良くなっているような気もします。

一昨年の秋にある患者さんの為にバッハ無伴奏を弾きました。
これまで弾いたことがない速さで弾きはじめ「しまった」と
思ったのですが、途中でこけるどころか、
(自分でいうのも変ですが)それは自分がこれまで弾いたバッハ
の中で一番力強く生き生きした演奏でした。
その方は末期のがんでバッハ無伴奏が大好きで、拙い私の演奏を
真剣に聴いてくださり喜んで下さいました。
弾いている間に、その方から何か特別な力をいただいているよう
な不思議な感覚をおぼえました。
残念ながら、その方はバッハを聴いた10日後に旅立たれました。
その日から1年半が経ち桜が満開の休日、ご家族が小さな音楽会を
企画しました。
音楽会当日、ご主人様からのリクエストで、バッハ無伴奏をご家族の前で
久しぶりに弾きました。
未だに、1年半前のバッハを超える演奏はできないでいますが
奥様のお写真に見つめられながら弾いた事で、その日の演奏は少しだけですがあの時に近­づけた気がします。
「この感覚を忘れないように」と帰宅後直ぐにバッハを弾きアップしました。



[PR]

by hideonoshogai | 2014-04-05 21:14 | 音楽療法 | Comments(2)  

Commented by 風琴 at 2014-04-06 00:58 x
hideo 様
感動しました・・・
「魂」を感じます。
とても素晴らしいお働きをされているんですね・・・
私も勇気付けられました!
音楽の力ってすごいですよね。
今朝の礼拝ではもちろんBach を弾きます。
受難節なので、ラメントバスとか、十字架音型とか、たくさん出てきます。
この動画で、無伴奏の弓の難しさをつくずく知らされました。
角度が絶妙ですね♪
Commented by hideonoshogai at 2014-04-06 05:53
風琴様、早速聴いてくださり、
暖かいコメントどうもありがとうございます。
私の拙い演奏から何かを感じていただけて嬉しく思います。
1年半前の演奏では、本当に不思議な音楽の力を感じました。
このアングルからはボーイングの様子がよくわかります。
移弦の際に角度を少なくして無駄な動きがもっと少なくなるのが理想なのですがなかなか難しいです。

<< あの少年のその後 この道 >>