「星に願いを」(新緑の京都の映像と共に)

「星に願いを」は奥が深い曲です。
テンポや弾き方それに聞き手の心理状態によって楽しい雰囲気にも、
逆にちょっと哀しげに憂いを帯びた感じにも、
どちらにも聞こえます。
ただ、そういう風に弾き分けるのは難しい。
何度弾いても、この曲は満足に弾けた事がありません。
最初のオクターブの音程がビシっと決まらない。
それに音も、もっと柔らかくしないと。



実は、この「星に願いを」は、今まで行って来た音楽療法の中
でも特に心を込めて弾き続けて来た曲です。
がん患者さんが抱える不安、絶望、悲しみ、希望そして喜びという
複雑な心に、私たちが演奏してきた「星に願いを」が、僅かな光として差し込み、
少しでも寄り添う事ができれば、がん患者さんのための
音楽療法に携わった者として、これ以上の喜びはありません。
私のチェロの良き理解者であり「がん患者のための音楽療法」をこれまで
ずっと共に実践してきた音楽療法士Rさんに心から感謝します。

映像は今年5月末に訪ねた京都。
永観堂、真如堂、金戒光明寺、
法然院、そして大山崎山荘美術館の新緑です。
拙い演奏ですが、写真と共に楽しんでいただければ幸いです。

ちなみに弦は A:ラーセン、DG:プリム、C:スピロコアクローム です。




追記2015・1・20
チェロ・ソロ版をこちらにアップしました。



追記2015・7・27
ライブ版をアップしました。
ピアノ伴奏も含めこちらの演奏とはかなり雰囲気が違っています。

 
[PR]

by hideonoshogai | 2013-08-12 23:22 | 音楽療法 | Comments(0)  

<< 8月15日 バッハ音源2本アップ >>