右手の形

ずっと右手の脱力を心がけて弾く様にしているが
なかなか実践できずにいる。

先月の本番の録音を後で聞いても音が今までよりも
自然な感じで力みもあまり感じられなかった。

数日前に当日の写真がたくさん届いたので右手が良く映っている
ところをアップで拡大してみるとこんな感じだった。

d0010720_12541279.jpg


d0010720_1254057.jpg


右手で弓を右方向へ引っ張る感じになっているのが
写真からもよくわかる。

すこし脱力して弾けてきたような気がする。

力を抜くと弓を保持するのが難しいので(うっかりすると弓を落っことしてしまうことも)
この状態(元弓)でガリッとする頻度をもっと少なくできれば良いのだが・・・
[PR]

by hideonoshogai | 2012-11-02 12:54 | チェロ | Comments(4)  

Commented by ゆみ at 2012-11-15 08:44 x
永年のブログファンです。右手の脱力、私も苦労していますが、最近、肩から背骨が大切なことがわかってきました。ラジオ体操で、その場ジャンプしたときに、肩や、腕をゆするでしょう?それくらい脱力すると、自然に左手も脱力するので、とても弾き易く、よい音がでるようです。ご参考までに。
Commented by hideonoshogai at 2012-11-16 13:07
ゆみさん、ようこそ!
長い間拙ブログを見ていただいてありがとうございます。
教えていただいた脱力法はわかり易いですね。今後弾くときには意識してやってみます。
左手の脱力も癖のないビブラートには大事ですね。
これかれもどうぞ宜しくお願いします。
Commented by mariastella at 2012-11-29 01:10
お久しぶりです。
お写真を拝見して、口元を引き締めているのが気になりました。奥歯の上下が噛みしめられているかもしれません。奥歯の上下を軽く離しておくか、話した状態で無理に口角を上げて笑顔風のものを維持しながら弾くと手首の力が抜きやすいと思います。
なかなかむずかしいですが・・・・  さりー
Commented by hideonoshogai at 2012-11-30 07:54
さりーさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。奥歯をかみ締めるまではいかないまでも、無意識のうちに口唇の周りの筋肉に力が入っているんだと思います。力みってこういう意外な場所にも出て来るのがよくわかりました。口元をリラックスして弾く様にしてみます。

<< このチェリストは誰? 本番終了 >>