両陛下、みたび

ベルリンフィル12人のチェロをサントリーホールで聞いてきた。
場内はほぼ満席。
前回前々回と両陛下が聴きにおいでになられていたので、今回は
陛下のお席(RB)の真向かいのLBブロックの席をおさえた。
やはり今回も両陛下はおいでになった。
両陛下は後半開始直前に入場されアンコール3曲目が終わるまで
実に楽しそうに聴き入っていた。

前半はヴェルディ、フンク、ブラッヒヤー、ヴィラロボスと古典的な曲がならんだ。
とにかく響きがもう美し過ぎる。

今回もファウストさんはメンバーからはずれておりクワントさんが1番チェロ。
マルティン・レーアさんは12番、オラフ・マニンガーさんが6番は前回と同じ。
クワントさん、ブラジル風バッハ1番のソロを弾いたが、
やや弾き方がおとなし過ぎる感じでちょっと物足りなかった。
(勿論演奏は完璧で美し過ぎるほどのハーモニーだったのだが・・)
(実はこの曲フカチョーヴァさんの演奏が強烈にインプットされているためそう感じたのだと思う)

後半は定番のクレンゲル「賛歌」のあとはジャン・フランセ、ビートルズ、モリコーネ、グレンミラー、Dエリントンと
洒落た演奏が続く。
ミッシェルのソロを弾いた11番チェロのソレーヌ・ケーマレックさんが素晴らしかった。
モリコーネのザ・マン・ウィズ・ザ・ハーモニカが圧倒的な名演だった。

アンコールは3曲。
ピアゾラ:アデイオス・ノニーノ
ピンクパンサー
荒城の月

当日のゲネプロの音源がもうアップされていて驚いた。
冒頭のヴェルディの「聖歌四編からアヴェマリア」。

昨年の3・11で犠牲になった方にささげるとクワントさんが話されてから
演奏が始まった。




クワントさんの右手の動きを後ろからずっと眺めていたが
とにかく動きが柔らかい。

おまけ1:夕食後、クワントさんの右手の動きをイメージしながら次の職場ボランティアの曲すべてを1時間10分ほどかけて通して弾いてみた。新しい毛になっただけで音が力まずに楽に出る。毛替えはやはり頻回にやらないとだめそうだ。

おまけ2:会場に行って驚いたのは fuさん、とSさんが偶然、自分のすぐ前列においでだったこと。fuさんも私と同じ考えでLBを取られたとのこと。お二人と久しぶりにいろいろお話できて楽しかった。
[PR]

by hideonoshogai | 2012-07-01 23:04 | チェロ | Comments(4)  

Commented by fu at 2012-07-02 12:13 x
こんにちは。昨日は私もhideoさんもいらっしゃるらしい~なんて話していたら、後ろにいらして驚きました!すごい偶然でしたね。
私もソレーヌさんのモリコーネの演奏素晴らしいと思いました。
行って良かったですね!いい刺激になりました。
Commented by hideonoshogai at 2012-07-02 12:50
昨日は、ほんとにびっくりしました。あれだけ多くの席がある中でお互いLB9列と10列の席をとっていたとは!私も両陛下が聞きに来られるなら、あの位置がステージも両陛下も同時に見られるシート、と思って予約しました。毎回感じますがほんとに素晴らしい演奏でしたね。
アデイオス・ノニーノも良かったですね。
Commented by natasha at 2012-07-04 23:34 x
私は初12人でした。天皇皇后両陛下が入られた時も何事かわかりませんでした(*_*)
演奏のあまりの心地よさに眠くなりました。
また行きたいです。
Commented by hideonoshogai at 2012-07-05 07:19
場内がざわついて、全員が起立し拍手がおきたので、両陛下が見えない場所からだと一瞬何事がおこったのか、と思いますよね。ほんとに眠くなるほど心地よい響きだったということですね。また2年後にやってくると思います。

<< 東京フィル第818回サントリー定期 毛替え >>