ソウル

d0010720_19523154.jpg

一昨年の釜山、昨年のソウルに続き、今年も11月に韓国へ行ってきた。 今回も3泊4日でソウル。昨年よりもさらに円高(100円=1480ウォン)だったので11月下旬なのにチェックインカウンタはすごい数の旅行客でごった返していた。 一日目は仁川空港11:50着で午後からロッテ・デパート地下の 韓国食器売り場に直行。韓国製ボーンチャイナ「hankook」の小鉢とマグカップを50%引きで購入。 この食器売り場はちょっとわかりにくい場所にあるが、良質の韓国製陶器をいつも格安で販売しているのでかなりお勧め。場所はクリスタルのスワロフスキーの売り場のすぐ裏側なのでこれを目印にしていけばわかり易い。 夕飯はオモリチゲでキムチチゲ、ジャジャメン、それにキムチパジョンをいただく。昨年は日本語メニューがあったが今年はハングル語のみだった。 二日目の午前中は東大門で買い物、仁寺洞へ移動し田舎風韓定食をいただく。 カンジャンケジャンが2切れ出てきてすぐに食べてしまったら、「もっとたべるか?」とのことで「もちろん」と応えたらさらにオマケで3切れもだしてくれサービス
満点。 カンジャンケジャン以外にもクルビ、チジミなど食べきれないほどたくさんでてくる。 このボリュームで10000ウォンは安い。昼食後は楽園商街で韓国製松脂「Path」を購入。それから教保文庫でTanya Tomkinsのバッハ無伴奏CDを購入。 夕食はホテルから徒歩5分ほどのカルビ専門のお店にした。日本語が通じないとのことだったが、日本語ぺらぺらのパートさんがいらしていろいろ楽しくお話できたのが予想外だった。甲府で13年暮らしていたが今回の大震災で両親に帰国を進められ止む無く韓国へもどってきたとのこと。この焼肉店、地元ではかなり有名な店らしく大統領の秘書さんも時々食べにくるとのこと。テジカルビ(豚カルビ)を頼んだがタレとコチジャンが絶妙でどんどん箸が進む。でも、さすがに500gはちょっとしんどかった。テジカルビにビール、カルグクスで35000ウォン。どうもごちそうさまでした。





写真は三日目に訪ねたチャンドックンの庭園。
[PR]

by hideonoshogai | 2011-12-02 19:52 | | Comments(2)  

Commented by ゆかり at 2012-05-19 17:12 x
初めまして。仁寺洞の韓定食を検索しておりましたらこちらのブログに到着しました。カンジャンケジャンもつく韓定食のお店はなんていうお店の名前でしょうか?
明日行く予定のお店がお休みだったので探しております。
よろしくお願い致します。
Commented by hideonoshogai at 2012-05-19 20:11
ゆかりさん、ようこそ。コメントありがとうございます。
お店の名前は「シゴルパッサン」です。↑にリンク貼りましので詳細はそちらをみてください。ソウルから書き込みですか?ソウル楽しんできてください。

<< 発表会 君は愛されるために生まれた >>