円熟期

一年前に紹介したフカチョーバさんが最近アップされた
動画。

ここに埋め込みできないので
こちらで見てください。

このヴィラロボスを見ていると、まさに円熟の域。

なぜこんな張りのある豊かな音が、あれだけの右手の動きでだせるのか?

右手だけの動きを見ていても、とても参考になります。

バッハのアリアも素晴らしいです。


この映像を見る限り五十肩も完全に治った様子。

すこしスリムにもなられて体調もよいのでしょう。

フカチョーバさん、来日されたら必ず聞きに行きたいチェリストのお一人です。
[PR]

by hideonoshogai | 2011-08-19 13:03 | 音源 | Comments(2)  

Commented by フルフルハウス at 2011-08-20 13:25 x
こんにちは。その後、肩の調子はいかがですか?
50肩つながりでもある?フカチョーバさん、ドキッとするような鮮やかな演奏ですね。
いつもお目が(お耳が)高いhideoさんのお陰で、勉強になります。(特に右手の映像)
東欧圏のチェリストって多いですね。
サポージニコフ教本の効果大なのかもと勝手な想像。。。
Commented by hideonoshogai at 2011-08-20 23:33
フルフルハウスさん、こんばんは。おかげさまで五十肩はだいぶ良くなりました。ただ弾き過ぎるとまだ痛むので再発しないよう気をつけています。
この動画のフカチョーバさんの音、凄いですよね。右手、特に親指の関節が曲がっているのが良く観察できるアングルから撮られているのが良いいですね。こんなにゆっくりなボーイングであんなに豊か音を出すには、やはり脱力なんでしょうけど、これがなかなか身につきません。

<< チキリン・デ・バチン 遠い昔 >>