伊予松山

昨年4月は、千鳥が淵泉自然公園に続いて、三春の滝桜を日帰りで見に行く予定だったが、仕事で流れてしまった。
なので、「今年こそは」と2月下旬から三春行きの日帰りバスツアーを申し込み、滝桜を見るのを楽しみにしていたが
福島原発事故による放射能汚染のためか、バスツアー申し込み者が数名しかおらず、催行中止となり、結局今年も三春には行けなかった。

三春行きのための休みを前からとっていたので、どこか関東以西の温泉にでも
行こうか、ということになり急遽、道後温泉2泊3日の旅に出た。

松山はこれまで2度おとずれているが、どちらも仕事がらみだったので、市内をゆっくり観光していない。
今回はたっぷり時間があったのであちこちゆっくり見て廻ることができた。
初日は昼過ぎに松山空港に到着。
大街道でぶらっと入った「すし徳」で自分は「にぎり一半」、かみさんは「ぬく寿し」(あったかい散らし寿し)をいただいたあと、昭和の香りただよう「たけうち」で「労研饅頭(ろうけんまんとう)」(蒸しパン)と甘納豆を購入。これが素朴な味で懐かしかった。
その後「萬翠荘」と「坂の上の雲ミュージアム」を見学。「萬翠荘」はとてもおしゃれなフランス風洋館で、設計者の木子七郎は愛媛県庁も含め300余りの建物を設計しているのには驚いた。

d0010720_18503071.jpg


2日目は午前中雨。
ホテルの近くの「道後ぎやまんガラス美術館」へ。

d0010720_1851932.jpg


雨もやんだのでその後は「常信寺」「松山神社」と散策し道後温泉本館の皇族専用のお風呂「又新殿(ゆうしんでん)」を見学し
「ぼっちゃん列車」で再び大街道へ。
ロープウェイ乗り場に向かう途中でぶらりとはいった「サン・マロ料理店」でランチ。

d0010720_18514571.jpg


このフレンチのランチがどの品もほんとに手が込んでいて美味だった。
こんなに美味しいランチがたったの890円にはびっくり!
われわれの後に入店してきたカップルは「もう売り切れです」と断られていた。
あとで分かったがこのランチは一日20食限定だったようだ。

d0010720_18522268.jpg


松山城は街中からみていると山の上なので案外小さなお城なのかと思っていたが、
登ってみると、とんでもない。石垣といい城自体の規模といいスケールが大きい。

d0010720_18524538.jpg


あれだけ大きなお城を山の上に築きあげるまで24年もの歳月を要している。
松山城を築城した加藤義明は後に私の故郷、会津に転封されたのだそうだ。

3日目は「道後公園(湯築城跡)」「石毛寺」「伊佐爾波神社」を散策し、午後帰路に着いた。
ホテル前の路地で日曜朝市が開かれていて、
「輝き」という品種のミカンを買ってきたが
これが凄く美味だった。

d0010720_18535284.jpg


この「輝き」はこちらでは手に入らない。
いちごは1パック240円、とても新鮮なキャベツは50円と信じられない安さだったが
さすがに買い込むわけにはいかず諦める。

松山は19年ぶりだったが、とてもいい所だ。また訪ねたい。
[PR]

by hideonoshogai | 2011-04-26 18:38 | | Comments(3)  

Commented by あんこ at 2011-04-30 07:42 x
サンマロ料理店。行ってみたいです!
お天気もよかった様子で、何よりです^0^/
また、松山行きたくなりました。
Commented by hideonoshogai at 2011-04-30 23:05
あんこさん、こんばんは。サンマロ料理店、美味しかったですよ。
右の皿には、マグロ、サーモン、ナス、野菜サラダ、左下が牛肉、それにご飯とポタージュ、フルーツがついてお箸で戴くようになっています。肉も魚もソースが凄くこっていて美味かったです。
ご夫婦でやっているような感じでした。
ディナーもあるようです。
今度、松山行く機会があれば必ずまた行きたいです。
Commented at 2012-03-22 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 同級会 音楽は生きる力 >>