スーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ



一昨日、横浜の神奈川県民ホールでスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョウ
を聴いてきました。
このチェロ・アンサンブルを聴くのは実に今回で4度目です。
最初が2008年の川口
2度目と3度目が2009年のリリス三鷹

過去の演奏会もそれぞれ素晴らしかったのですが今回がこれまでの中で一番楽しめました。
席が前から4列目で音が良くしかも奏者の細かい表情まで観察できたということもありましたが、プログラムがとても面白かった。

実はリリスの際に、このグループのCDを購入しました。
その中で今回のプログラムでも取り上げられた「12人のイカれた
チェリスト」がうるさいばかりでどうしても好きになれなかったのです。

でも今回、生演奏で聴いてはじめてこの曲の面白さを堪能。
これはもう絶対ライブで聴かなきゃダメということがわかりました。

演奏前に丸山さんからこの曲について「この曲は12人のチェリストの特徴を面白おかしく表現している」と解説がありました。
どんなところでも、やたらビブラートをかけたがる人
チェロをハープと勘違いしている女性チェリスト
とにかく練習好きなチェリスト
難所をいとも簡単に弾いてしまうチェリストなどなど

しかもこの12人はそれぞれ演技つきで一人ずつ舞台に登場し
各自好き勝手にバラバラな演奏しはじめるのですが
最後には12人で同じテーマを弾きかっこよく終わる、というとても楽しめる曲だったのですね。
これは音楽だけCDで聴いても絶対に面白さがわからない。

マーラー5番の4楽章アダージェット
指揮者なしでよくあそこまで合わせられるものだ、と感激。

アンコールはクレンゲルの賛歌。
これがまた良かった。

プログラムを見たら15時開演の昼の部と19時開演の夜の部とダブルヘッダーでした。
昼の部が終了したのが17:30過ぎでしたから
あの後さらに夜の部も演奏されたみなさんのスタミナにはびっくりです。

今回も金子鈴太郎さんのとても楽しんで弾いている姿に好感を覚えました。
金子さんには今後もずっとレギュラーで出て欲しいです。
[PR]

by hideonoshogai | 2010-07-19 14:34 | Comments(6)  

Commented by fu at 2010-07-19 21:55 x
こんばんは。
私は前から6列目でしたよ。
金子さん、本当にノリノリで楽しそうに弾いていましたね。

Commented by hideonoshogai at 2010-07-19 22:44
金子さん、演技もなかなか決まってましたよね。ハンガリー舞曲の弾きっぷりも見事でした。
Commented by fu at 2010-07-19 22:54 x
サングラスとクシで、笑いとってましたね。
ハンガリー舞曲の時は1番下で、楽しそうに迫力ある低音を弾いていて好感もちました。
「楽しそうに弾く」ことって大事ですね。
つい強張った顔で弾いてしまいますけど。
Commented by hideonoshogai at 2010-07-20 06:27
金子さんのソロを一度聴いてみたくなりました。リサイタルあるかどうか金子さんのブログをチェックしてみます。
Commented by fu at 2010-07-20 23:19 x
金子さんのソロ演奏活動は関西中心みたいですね。
カルテットなどは東京でもあるみたいですが。
Commented by hideonoshogai at 2010-07-21 05:15
私も見てみました。今週末には藤沢でブラームスの弦楽六重奏あるようですが、藤沢はさすがに遠すぎて無理です(笑)。

<< 大先生の前奏曲とフーガ チェロを弾けなくなる日 >>