両陛下、再び

昨日は、サントリーホールでベルリンフィル12人のチェロを聞いてきました。
2年前の来日コンサートも蒸し暑い3連休の最終日でしたが
昨日も真夏のような暑さの中を会場に向かうと、入り口にスーツにネクタイ姿の男性が多数。
スポンサーが○井住友海上生命保険なので、きっとその関係の招待客を待っていたのでしょう。

LBブロックに着席すると向かいのRBブロックの最前列の2シートを、白手袋つけた男性が入念にチェック。その光景から、「今日も両陛下がおみえになる」と直感しました。

案の定、休憩20分の半ばでテレビカメラや照明をもった関係者が多数RBブロックに現れ、場内の観客も、普段とは違うものものしい雰囲気を察してか、RBブロックの方を眺め、いつ両陛下が現れるか、注目していました。

前回同様、両陛下は後半が開始される直前に現れ
最前列の席まで手を振りながら、ゆっくりと進まれました。
場内はほとんど全員が起立して両陛下を拍手でお迎えしました。

前半はプーランクとピアソラ。
後半はフランス縁のポピュラー・ナンバーが9曲演奏されましたが
演奏が終わるたびに、陛下に皇后さまがなにやら話しかけられておられたりする様子を拝見し、とても微笑ましく感じました。

で肝心の演奏ですが、
12人のうち誰が主役、脇役ということがなく、とにかく一人ひとりの音が素晴らしく、12人の奏でる音が絶妙に重なり、豊潤な響きがします。
低弦を受け持つパートと旋律を弾くパートが入れ替わり変化して、メロディがあちこちから聞こえくるのが今回のアレンジの面白さでした。
どの奏者も上手いのは勿論ですが
今回LBブロックだったこともあって真正面には今回も12番チェロを弾いていた
マルティン・レーアにどうしても視線がいってしまいます。
彼のチェロはほんとに良く鳴ります。ピッチカートもメロディも上手いです。

それとど真ん中にいたオラフ・マニンガー

彼も上手い。
ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」の冒頭は彼のソロからゆったりと始まりましたが彼のソロは巣晴らしかった。
ハリソン・フォード似の彼はおそらく11人(1人は女性)の中では一番のイケメンなので
中央で弾いている姿に女性ファンも喜んだ事でしょう。

最後の2曲はクロアチアのチェリスト、デスパルジュのアレンジもの。
以前紹介した「マシュケナダ」では誰が歌うかと楽しみにしていましたが
誰も歌わなかったのは、ちょっと残念。

アンコールは3曲。
ピアソラの「フーガと神秘」
ピエール・ルイギの「バラ色の人生」
そして「白鳥」。

以前、御前演奏で白鳥を彼らが弾いた時に、美智子様がピアノで伴奏されたことがあるそうで、今日もこの曲を捧げます、というような話をクワントさんがされ
11人で白鳥が始まりました。
ピアノ伴奏はクリストフ・イーゲルブリンクさん
この白鳥がいままで聞いたことがないような美しさでした。
この曲をこの場でこうして聞ける幸福に感謝しました。

白鳥が終わると両陛下は起立して拍手。
両陛下の12人のメンバーへの暖かい拍手はずっと続き、
お付きの方が「もうそろそろお時間です」といつ声をかけたらよいか、躊躇われるほど。
両陛下がお帰りになられる際には、場内は再び起立して拍手でお見送りしました。

2年前に続き今回もベルリンフィル12人のチェロを聞きにこられた両陛下。
両陛下が場内にいらっしゃっるだけで、場内が特別な雰囲気になり、
とても満ちたりた時間を過ごす事ができました。


今回は山口市でもかれらの演奏が聴けますね。
[PR]

by hideonoshogai | 2010-07-05 18:37 | チェロ | Comments(4)  

Commented by かげみ at 2010-07-06 00:31 x
どちらにいらっしゃるのかしらと思い、キョロキョロしてました。
お会いできず、残念でした。

注目するところが一緒ですね。
12番さんの存在感に魅了され、曲が終わると「こっち見て~」と手を振ってアピールしていたのは、私達です。
6番さん、確かにハンサムでしたね。
Commented by hideonoshogai at 2010-07-06 05:50
休憩のとき、ドリンクコーナーへ行かずに、ずっと向え側の様子を眺めていました。
終演後、入口付近で捜してみましたが、人が多すぎてお会いできませんでした。

やっぱり、レーアさん、かなり目立っていましたよね。
12番で皆を支える演奏が特に印象的。
でも旋律もすばらしかったですね。

Commented by フルフルハウス at 2010-07-08 23:27 x
両陛下がいらっしゃる公演に同席できる首都圏のみなさんがうらやましいような・・・
兵庫県は、ホールも小さいし和気あいあいの一体感がありました。

>彼のチェロはほんとに良く鳴ります

12番さん、正面の私の席からは横向きなのに、正面からみたいに鳴り響いて飛んできましたよ。
すごく印象に残っています。
Commented by hideonoshogai at 2010-07-09 13:12
私が、両陛下のお姿を生で拝見したのは、いままで2回のみで、今回と前回のベルリンフィルのチェロでした。2回とも両陛下と一緒に聞けて、とても幸運でした。
両陛下、とくに天皇陛下はほんとにお喜びのご様子で、ずっと立ち上がって嬉しそうに拍手を続けておられました。休憩後の後半プログラム(きっと警備の関係上やむをえない)だけじゃなく前半も聞いていただきかったですね。
2年後のベルリンフィルのチェロにもきっと両陛下お見えになられるでしょうから、
フルフルハウスさん、次回は、三田じゃなくてサントリーで聞いちゃうってのは如何ですか?

<< 最近のマイブーム 豆助 >>