Amy Gillingham

下のギター伴奏で、チェロを弾いている女性チェリスト。
ビブラートといいボーイングといいすごくレベルが高い技術をもっているのに
すごく惹かれました。

そして、とにかく音がすごく魅力的。

エニオさん同様、私も、すっかりファンになってしまい、いろいろ動画をみていました。

彼女のお名前が「白鳥」(←この白鳥もかなりうまい)の動画に




「Amy Gillingham 」とあったので
グッグてみました。

そうしたら

彼女のHPを発見。
経歴を見てびっくりです。

彼女は、あのバッハの無伴奏無伴奏のYehuda Hanani先生のお弟子さんだった!

あの先生から奏法を伝授されているのですから、上手い訳です。

そしてHPに
ピアゾラのナイトクラブの音源がアップされていましたが
これが、もう、すごくいい。

もう10回ぐらい聴きました。

伴奏のギターはきっとあのおじさんでしょうね。
このお二人はすごくいいです。
お二人のライブを聞くにはどうしたらいいんだろう。

チェロ関連の無数の動画がアップされている中で
師弟の動画を別々に好きになり
実はその二人は繋がっていた、って事がわかって
今日はちょっと感動。

補足(2010・6・1)

Amyさんのお兄さんDavid R Gillinghamさんが、Amy さんと友人のヴィオラ弾きHolly Attar さんのために作曲したヴィオラとチェロのためのコンチェルトの2楽章を
こちらで聴くことができます。

[PR]

by hideonoshogai | 2010-05-31 18:27 | チェロ | Comments(6)  

Commented by えにお at 2010-06-02 22:38 x
へー。Hananiさんも素晴らしかったですけれどねえ。
こういうのを It's a Small World!というのでしょうか。
随分チェロを話して弾いているけれど、きちんと乗っかった音ですね。
うん。ますますファンになっちゃいそうです。
Commented by hideonoshogai at 2010-06-03 06:36
えにおさん、おはようございます。実は一昨日Amyさんに あなたのチェロが大好き、演奏をアップしてくれてありがとう、という内容のメールを送ったら昨日すぐに返事がきました。
日本で演奏する機会があれば連絡して下さるそうです。
早く実現するといいですね。
Commented by エニオ at 2010-06-06 19:12 x
「白鳥」。演奏の素晴らしさと周りの騒々しさ、対照的です。
「静かにしろー」って言いたくなります。
これって要するに「お座敷」ですよね。
上手過ぎます。もったいない。
Commented by hideonoshogai at 2010-06-07 18:20
エニオさん、こんばんは。
Amy さんの動画、たくさんアップされている中で、フルネームがしっかり書かれているのがこの「白鳥」だけなんですよね。
投稿された方も「これは相当の質の高い演奏」という自負があるんじゃないかと思いました。
ほんとに周りがうるさ過ぎますね。
Commented by SS at 2012-06-28 02:02 x
久しぶりにお便りします、以前気持ちが沈んだときこちらのブログの暖かさに癒されたSSといいます。2月に病状の重かった母もずいぶんと回復し、少し落ち着いてチェロも練習できる気分になりました。白鳥をさらい直したいなぁと思っていた矢先このAmyさんの動画を発見!本当に魅力的な演奏ですね。またまたこちらのブログに感謝です。
Commented by hideonoshogai at 2012-06-28 23:39
SSさん、コメントどうもありがとうございます。お母様、回復されて本当に良かったです。私も久しぶりに「白鳥」を練習して、やはり良い曲だなぁ、って思ってました。奏者によってボーイングや表現の仕方がいろいろあるなかで、このAmyさんはかなりお気に入りの演奏です。気に入っていただけて嬉しいです。これからも時々覗きに来てくださいね。

<< ついに出た 6月14日 >>