今年の課題



松の内も明けましたが、今年初めてのカキコミですので
まずは「本年もどうぞよろしくお願い致します」で始めたいと思います。

2003年12月にチェロ再開したので昨年12月でいよいよ7年目に突入しました。
この7年でチェロの音がどれだけ変わったのか
自分では何も記録を残していないことに気づいたので
これからは節目ごとに何か同じ曲を録音して記録を残すことも考えなきゃ、と思った次第です。

年末の弾き納めは、大掃除で出てきたラフマニノフの交響曲2番3楽章。
とても甘美なメロディーで有名ですが、これをチェロ・ソロとピアノにアレンジした譜面があって
それを一日ずっと弾いて悦に浸っておりました。

弾き初めは1月2日。
クンマーのチェロ2重奏、ハ長調を1番2番パート1~3楽章をさらったので
全部で6楽章(?)。
これを年が明けてからずっと弾いていますが、やはり3楽章を軽快に弾くのがとっても難しい。

譜面はすごく簡単なのですが、ハイドン、モーツァルトと同じで
とにかく軽やかに、もたつかず、弾くのがこんなに難しいのか・・と弾くたびに毎回思い知らされます。

それから2楽章の1stチェロ。
テーマを柔らかくたっぷりと音をつないで弾くことができない。

今年は、クンマーop22の2重奏3曲をまともに弾けるように、じっくり取り組みたいと思います。

それから、どんな曲でも
     ゴツゴツした音ではなく柔らかい音で弾けるように
     (弓を返しても)メロディが切れないで音をつないで弾けるように
     難しいところも力まないで楽に弾けるようにする
     が課題です。

いろいろあって仕事が昨年よりもかなり忙しくなりそうなので、チェロ弾く時間は
かなり少なくなるのは間違いない(涙)のですが
これぐらいの課題はなんとか一年かけてクリアしたいと思っています。

今年最初の音源は、今年また来日される
ペレーニの無伴奏3番サラバンド。
今から13年前のN響定期のアンコールです。
この演奏をNHKホール3階席で実際に聞いていたのですが、このサラバンドを聞いたことを実はまったく覚えていません。
その当時はまだチェロを再開していなかったので
今ほど真剣にきいていなかったに違いありません。なんとも勿体無いことをしました。








     
[PR]

by hideonoshogai | 2010-01-12 19:58 | チェロ | Comments(2)  

Commented by えにお at 2010-01-18 22:54 x
大事にビデオに録っています。実演を聴かれたとはうらやましい。
後ろのチェロ奏者たちの目つきが半端じゃなかったですね。
演奏も見事でした。
Commented by hideonoshogai at 2010-01-19 13:01
えにおさん、こんにちは。
この放送録画されていましたか!
ドボコンを聞きに行ったのですが、その当時はペレーニの凄さをあまり良く知らなくて(←お恥ずかしい限り)アンコールにバッハを弾いてたことを全然覚えていません。
こうして今動画をみるとほんとに自然体ですごいと思います。トップの藤森さんもお若いですね。
東京フィルのコンマスの三浦さんもこの時はまだN響にいらしたんですね(2プルト内側)。

<< ウェルナーのチェロ4重奏 ちょっと早いけど >>